SO-SOのビートボックスに世界が熱狂!その実績や色鮮やかな服装の意図は?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

人の発話器官を使って音楽を創り出すという「ヒューマンビートボックス」

 

どう聞いても人からそんな音が出せるのか?と思ってしまうほどリアルなスクラッチ音やベース音、そしてリズムマシンのミキシング音には驚かされるばかりであります。

 

現在であれば、子供から大人まで人気絶大であるYouTuber「ヒカキン」さんにより、より身近に「ビートボックス」を聞く事が出来るようになったのではないでしょうか。

 

さて、そんな「ビートボックス」において、世界的には「ヒカキン」さんと同等?それより有名?な方がおられるのです。

 

そのカラフルな服装やおかっぱ頭には、誰もが思わず2度見してしまうほどでもあります。

 

実力さることながら、ファッションセンスも抜群な「SO-SO」さんではありますが、その容姿が気になりどんな方なのか?調べてみました。

 

では、「SO-SO」さんは、どんな方なのか探っていきます。

スポンサーリンク

SO-SOさんについて。

1999年10月13日大阪府高槻市出身。

 

年齢:22歳(令和4年1月現在)。

 

本名:加藤創太。

 

学歴:大阪音楽大学。

 

小学生の頃には「劇団ひまわり」において、子役で10年ほど務めていたという「SO-SO」さんは、ミュージカルや映画、ドラマのエキストラとしても活躍されていたそうです。

 

役者としての目覚ましい活躍をされながらも、高校生になるとイギリスのビートボクサー「Reeps One」の動画をYouTubeで見たことをきっかけにビートボックスの世界に魅了されてしまった「SO-SO」さんは、誕生日にルーパー(ボーカルやフレーズなどを録音、ループ再生できるエフェクター)を買ってもらい、ループステーションを始めるようになったと言います。

 

それが高校生の時という事ではありますが、時代が変われば、音楽機器も私達の時代に比べると大分変化してきたことが伺えますよね。

 

音楽大学に進学後の「SO-SO」さんは、ミキシングなどを学び、2019年にポーランドで開催されたビートボックスの世界大会で日本人初のベスト4に入賞後、アジア大会では優勝の偉業を成し遂げるなど、国内に留まらず世界的に有名なアーティストとして活躍されています。

 

まだ、ビートボックスを始めて数年でありながら、世界の舞台で活躍出来るとは、とんでもないセンスの持ち主でもあります。

 

SO-SOさんのビートボックス。

ヒューマンビートボックスクルー「SARUKANI」や眼鏡専門音楽デュオ「DOILii」など、チームとしても活動している「SO-SO」さんではありますが、DJとしての活躍も目覚ましいのだそうです!

 

チームとしても、日本人初の快挙TAG TEAM LOOP部門で世界1位CREW部門で世界2位といった結果も残されています。

 

次世代の若者達の活躍ぶりに、とても熱いものを感じてしまいますよね!

 

会社員のDJがビルボード1位を獲得する!

SO-SOさんの実績は?

本名の「創太(そうた)」から「SO-SO」といったネーミングになったということでありますが、文字が自身の眼鏡の形と似ていることも含まれているという逸話があり、世界中の人に親しみやすさもアピールされています。

 

そんな「SO-SO」さんの実績も世界においても素晴らしい功績であります。

2019年 Grand Beatbox Battle 2019
              ループステーション部門4位。

2019年 Asia Beatbox Championship 2019
              ループステーション部門優勝。

2021年 Grand Beatbox Battle 2021
              ダックループステーション部門優勝。
              Crew部門2位。

 

まだまだこれからの世代でもありますので、世界を舞台にもっと羽ばたいて欲しいですね。

スポンサーリンク

色鮮やかな服装の意図は?

小学生の頃からテレビに出たいとの理由から劇団で活躍されてきた「SO-SO」さんは、他の人から比べると顔が薄いといった理由から、見た目で特徴を出すために試行錯誤されたのだそうです。

 

現在では、すっかりカラフルな服装や丸メガネがトレードマークとなっておりますが、こだわりは4種類以上で色と色がハッキリしているものを着用し、メガネも丸いものでなければならないようです。

 

これだけのこだわりがある方だからこそ世界にも通用出来る人物であることは間違いないですね!

 

いかがだったでしょうか。

 

世界で大活躍されている「SO-SO」さんの、斬新な容姿や音で度肝を抜く存在感には、これからの「ヒューマンビートボックス」を牽引する逸材である事は間違いありません。

 

日本の若い世代がこんなにも活躍してくれていることにミドル世代も負けてられないと思わせてくれるのではないでしょうか。

 

これからの活躍も目が離せません。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

音楽
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント