尾上紫の舞踏家としての経歴や女優としての活躍は?夫や子供はいるのか!

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

日本の伝統芸能といえば、日本舞踊を忘れることは出来ないはずです。

 

日本舞踊といえば、五大流派の「花柳流」「藤間流」「若柳流」「西川流」「坂東流」が有名ではありますが、その他「吾妻流」や「市川流」「尾上流」も負けず劣らず名前が知れわたっているのではないないでしょうか。

 

さて、伝統芸能を受け継ぐ方々達ではありますが、男性の舞踏家もさることながら、女性の舞踏家の活躍も目覚ましいですよね。

 

そんな女性舞踏家でもあり、女優としても活躍されている「尾上紫(おのえゆかり)」さんは、弟に「尾上菊之丞(おのえきくのじょう)」さんを持つ伝統芸能一家の姫でもあります。

 

では舞踏家「尾上紫」さんとはどんな方なんでしょうか?探ってみます。

スポンサーリンク

尾上紫さんの人物像。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

尾上 紫_Yukari Onoe(@yukari_onoe.official)がシェアした投稿

1974年8月30日東京都出身。 47歳(令和3年現在)。

 

本名:羽鳥友加里。

 

学歴:青山学院大学。

 

職業:日本舞踏家・女優。

 

日本舞踊尾上流三代目家元の尾上墨雪氏と元宝塚歌劇団娘役の母親の間に長女として生まれた「尾上紫」さんは、東京の銀座育ちでもあります。

 

父親と六世藤間勘十郎氏に師事され、3歳の時には、清元「春雨」で初舞台を踏まれます。

 

私の娘も日本舞踊において3歳で初舞台を踏みましたが、伝統芸能の名家生まれの「尾上紫」さんの踊りとは、差が歴然であることは間違いありません。

 

幼少期から歌舞伎興行で、故18代「中村勘三郎」さんの「春興鏡獅子」の胡蝶役を務めるなど、様々な舞台に出演され、1990年に「尾上紫」の名を許されるようになったそうです。

 

その後、2000年には女優として活動を始め、オーディションを経てTBS愛の劇場「あっとほーむ」で出演も務められ、テレビ・映画・舞台と様々な分野で活躍されている方であります。

 

尾上紫さんの舞踏家経歴。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

尾上 紫_Yukari Onoe(@yukari_onoe.official)がシェアした投稿

1997年 日本舞踊協会主催・新春舞踏大会
              大会賞 清元「梅の春」。

1998年 日本舞踏協会主催・新春舞踏大会
              大会賞 清元「玉兎」。

1999年 日本舞踊協会主催・新春舞踏大会
              大会賞・会長賞 萩江「鐘の岬」。

2008年 舞踏批評家協会 新人賞。

2017年 初代花柳壽應賞 新人賞。

 

舞踏家としての輝かしい賞を受賞され、名実ともに日本舞踏界を代表する方となります。

 

尾上紫さんの女優としての活動。

2000年 TBSドラマ愛の劇場「あっとほーむ」。

2000年 NHK大河ドラマ「葵~徳川三代~」。

2001年 TBSドラマ30「ひとりじゃないの」。

2006年 NHK金曜時代劇「出雲の阿国」。

2010年 NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」。

2012年 NHK大河ドラマ「平清盛」。

2014年 NHK木曜時代劇「吉原裏同時心」。

2018年 NHK BSプレミアム「平成細雪」。

 

舞台や映画・ドラマといった様々な分野での迫真の演技には、持って生まれたエンターテイメント性は素晴らしいものがあります。

 

三代目「尾上菊之丞」と宝塚との関わり。

 

尾上紫さんの夫は?

尾上紫は、2012年にご結婚されていて、旦那さんも同じ日本舞踊家の「西川扇座衛門(にしかわせんざえもん)」さんであります。

 

「西川扇座衛門」さんは、大学卒業後に人間国宝の「西川扇蔵」氏のもとで内弟子として修行され、2007年には師範となります。

 

次世代の日本舞踊界を担う有力な1人と挙げられる方でもあり、今後の活躍も楽しみな方でもあります。

スポンサーリンク

尾上紫さんのお子さんは?

尾上紫さんにお子様がおられるのかは、本人自体公表されていませんが、ある情報筋からによりますと、2015年に初産といったブログ投稿によりお子様はおられるようです。

 

大切な我が子を、余り世間様には好評したくないのかもしれませんね。

 

また、お子様はお子様で違う道を進ませようとしているのかもしれません。

 

いかがだったでしょうか。

 

舞踏家に女優と、表現者として活躍されている「尾上紫」さんではありますが、日本の伝統芸能を引き継ぎ、そして日本の良い文化を今後も世界中に広めていって欲しいですよね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

伝統
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント