青江覚峰はビジネスの世界から住職へ!料理僧としてのお寺ごはんのレシピは!

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

コンビニの店舗数よりも多いと言われる「お寺」さん。そこには、日本人としての生活において切っても切り離せない関係があるのではないでしょうか。

 

日本人の大半が「仏教」であることは、誰しもご存知であるでしょうが、以前よりも更に宗教との関わりが薄くなったように感じませんか?

 

各ご家庭において、昔からお付き合いのある「お寺」さんとの繋がりも、都会ではあまり見かけない寂しさがあります・・。

 

さて、話しは変わりますが、たくさんの「お寺」の数だけ、様々な住職もおられるかと思います。

 

そんな中に、アメリカにまで渡りバリバリのビジネスをされながらも、お坊さんとしてそして料理僧として活動されている方がおられます。

 

身体にやさしい、お寺の精進料理をもとに食育を行う「青江覚峰(あおえかくほう)」であります。

 

では、「青江覚峰」とはどんな方なのか?またお寺ごはんについて探っていきます。

スポンサーリンク

青江覚峰さんについて。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

青江 覚峰(@kakuhoaoe_nakamichi0316)がシェアした投稿

1977年3月14日東京都台東区出身。

 

年齢:44歳(令和3年12月現在)。

 

学歴:本郷中学・高等学校卒業。
   カリフォルニア州立フレズノ校 MBA取得。

 

職業:緑泉寺 住職。

 

兄弟がいなく、小さい頃から跡継ぎとして生活されていた「青江覚峰」ではありますが、それがとてつもなく嫌だったといいます。

 

お坊さんになるつもりがまったくなかった「青江覚峰」氏は大学生になると、アメリカに留学「MBA(経営学修士)」を取得され、アメリカにおいてのビジネスでお金を稼ぐことのやりがいを感じていたのだそうです、しかし9.11の同時多発テロをきっかけに、すべてにおいてやる気がなくなってしまったそうです・・。

 

確かにあの事件は凄まじく、20年以上たった今でも人々の記憶に残る大事件であり、アメリカだけではなく全世界の人達に衝撃を与えました。

 

それから、生きる意味を考え出したという「青江覚峰」氏は、人々のためにも家業の「お寺」でお坊さんとして生きることを決意されたのだそうです。

 

400年以上も続く歴史深い「お寺」を継ぐこととなった「青江覚峰」氏ではありますが、その後、お坊さんとして、食育に取り組みブラインドレストラン「暗闇ごはん」の代表を務めたり、仏教超宗派で集うインターネット寺院「彼岸寺」を創設するなど、新たな仏教そして新たな「お寺」を推し進める活動をされています。

 

青江覚峰さんのお寺は。

1615年に現在の東京都文京区湯島山「緑泉寺」として興したとされ、400年以上の歴史を誇るお寺であります。

 

そちらでは、食と自分に向き合う精進料理の心を世界に伝える取り組みをされていて、暗闇の中で五感を研ぎ澄まし食事をする「暗闇ごはん」やオンラインにおいて「食」に対する仏教の考え方などを伝えてくれる有難い「お寺」でもあります。

《湯島山 緑泉寺》

住所:〒111-0035
   東京都台東区西浅草1-8-5

電話:03-3841-0076

web:https://www.ryokusenji.net/

 

ゲームデザイナーも手掛ける住職。

お寺ごはんとは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

青江 覚峰(@kakuhoaoe_nakamichi0316)がシェアした投稿

料理僧を名のる「青江覚峰」氏ではありますが、「食」を通して仏教の教えを伝える活動をされています。

 

お寺のこばんといえば、「精進料理」が一般的ではありますが、「青江覚峰」氏が推し進める「お寺ごはん」とは、少し異なり「精進料理」をベースにお坊さんではない人達の日常生活にも取り入れやすいように、一部アレンジを加えた料理を紹介されています。

 

肉や魚を使わず、野菜だけを使った料理達には身体に良い事はもちろん、それを通した仏教においての心得に、気持ちの面や考え方に至るまでととのう事は間違いなしであります。

スポンサーリンク

お寺ごはんレシピ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

青江 覚峰(@kakuhoaoe_nakamichi0316)がシェアした投稿

2017年放送されたドラマ「サチのお寺ごはん」の監修もつとめられた「青江覚峰」氏ではありますが、命をありがたく、おいしくいただく料理のレシピには、心も身体も幸せにしてくれるのではないでしょうか!

 

いかがだったでしょう。

 

ビジネスを手掛けながら成功の道を捨て、お坊さんとして「食」の大切さと、仏教の考えを発信する「青江覚峰」氏は、海外の方にも繋げていく活動をされています。

 

「食」の有り難さ、そして人としての「仏教」の考え方で世界が繋がるとは素晴らしいですね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

文化
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント