鷹鳥屋明は大分出身なのに中東で超有名?学歴や経歴が気になる。

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

海外で活躍されている日本人を知ると何か誇らしげになってしまうことがあるのではないでしょうか。

 

アスリートから経営者、はたまた一般人であっても今の時代であれば活躍されている方々がたくさんおられます。

 

そんな中に何と!日本人としてはあまり馴染みがないかと思われる中東において有名な方がおられるのはご存知でしょうか。

 

中東といえば「石油王」と「砂漠」ぐらいしか知識のない学のなさに愕然としてしまいますが、その中東においてサラリーマンとして働く「鷹鳥屋明(たかとりやあきら)」さんという方が中東で1番日本人として有名であるそうです。

 

では「鷹鳥屋明」さんとはどんな方なのか探ってみます!

 

スポンサーリンク

 

鷹鳥屋明さんの人物像。

 

1985年大分県出身。 36歳(令和3年現在)。

 

職業:メーカー・商社・NGO勤務。

 

大分の自然の中で育った「鷹鳥屋明」さんは、大学では中国史やトルコ史が専攻の歴史オタクでもあったそうで、そのオタク気質から「ガンダムを作りたい」と思い立ち「日立製作所」就職されたのだそうです。

 

きっかけが少し変わっていますが、それぐらいの器量をお持ちでないと諸外国とは渡り合えないのもわかります。日本人特有の控えめや謙虚だけでは海外の方との交流もうまくいきませんよね。

 

当時は「日立製作所」では、財務や経営企画などに取り組んでいたそうで、中東とは関わりのない業務を担当されていたそうですが、外務省とサウジアラビア政府が主催するプログラム「日本・サウジアラビア青年交流団」といった募集をTwitterで見つけ、参加することがきっかけで中東にどっぷりハマっていくようになったそうです。

 

また、中東に大きな魅力を感じたのはお酒を飲まない文化だったそうで、全く飲めない「鷹鳥屋明」さんにとっては、飲みの席がなくビジネスや人付き合いが進められる中東に更なる魅力があったのだといいます。

 

ちなみに「鷹鳥屋」といった苗字でありますが、中々珍しい苗字でペンネーム的なものといった感じがしますが、母方のご実家が「鷹鳥屋神社」で、そこから「鷹鳥屋」を名乗るようになったのだそうです。

 

鷹鳥屋明さんはなぜ中東で有名な訳?

中東との交流を深めていった「鷹鳥屋明」さんではありますが、それだけでは中東で有名になることは出来ませんよね!

 

しかし「鷹鳥屋明」さんは、中東では有名人であります。ではなぜなのでしょうか?

 

交流プログラムが終了してからも、外務省で担当された方々との付き合いがあった「鷹鳥屋明」さんは、大使館などのパーティーに参加した際に、バーレーン副大使や、サウジアラビアのインスタグラマーから「君は面白いからSNSをやった方がいい」との助言があったのだそうです。

 

以来、オタクであった「鷹鳥屋明」さんは大好きな漫画やアニメ、エンターテイメントのオタク心をくすぐるものをアラビア語で発信し続けることで、いつしか「中東でもっとも有名な日本人」となったそうです。

 

日本人が中東の民族衣装を常に身に着けているだけでもかなりのインパクトがありますよね。それと共に日本の誇れる漫画やアニメ文化を掛け合わせれば納得の結果ではないでしょうか。

 

現在では、Instagramのフォロワーはアラブ人だけでも約10万人もいる中東のみでも有名な方となっております。

 

中東シリアから世界的バレエダンサーへ!

 

鷹鳥屋明さんの学歴は?

大分県出身の「鷹鳥屋明」さんの学歴はどうなんでしょうか。

 

出身高校は「大分舞鶴高校」で大学は「筑波大学」となっております。

 

大学では「第一学郡人文学類歴史学」を専攻されていて、歴史オタクといっていますが、中東とは関係のない、「中国史」と「トルコ史」を学んでいたのだとか・・。

 

スポンサーリンク

 

鷹鳥屋明さんの経歴。

 

バーレーン・カタール・UAE・ヨルダン・パレスチナを巡られた「鷹鳥屋明」さんは、中東世界に興味を持ち、中東情勢を学びながら日本と中東を繋げるべく、SNSやメディア媒体等を活用して日本文化やアラブ向けの宣伝活動を行なっております。

 

中東各国で過ごした経験から現地で行われるイベントの企画や随行なども行い、SNS上でアラブ人から約10万人からフォローされるほどの有名人となります。

 

2021年には、豊富な実話をもとに書籍「私はアラブの王様たちとどのように付き合っているのか?」を刊行され、IP事業本部のグローバルマネージャーとして国内のアニメキャラクターなどの版権を用いて国内外で新しいグッズの企画や製作をされています。

 

まさに、オタク気質を通して中東と日本を繋げる方でもあります。オタクの力は世界を救う!といっても過言ではないほどパワーがありますよね!

 

いかがだったでしょうか。

 

漫画やアニメからの交流が、ここまでひとりの人を有名にしてしまう事の驚きと「鷹鳥屋明」さんの中東へのハマりっぷりは見事であります。

 

まだまだ日本と中東の交流は、欧米諸国に比べこれからとらなっているのではないでしょうか。

 

今後、中東に対しても「鷹鳥屋明」さんをきっかけに目を向けていきます。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

文化
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント