映像作家・山田智和は多彩な才能で作曲も!カメラやMV作品での受賞は?

こんにちはSMOKERです。

音楽と視覚から色々なイメージを抱かせてくれるMV(ミュージックビデオ)には、アーティストの個性を表すと共に、何か違った世界感も感じられるのではないでしょうか。

実写からアニメーションなど、まるで1本の映画を観たような達成感には、アーティストによって様々ですよね!

MV(ミュージックビデオ)とPV(プロモーションビデオ)の違いは素人にはどこが違うかわからない部分がありますが、PVは「販促目的」で、MVは「楽曲の世界感」なんだそうです。

しかし中でも、あの世界のポップスター「マイケルジャクソン」の「スリラー」には、40年たった今でもインパクト大であります。(スリラーはPV・・)

そんな映像の世界ではありますが、作り手の感性やセンスには、ずば抜けたものがあるのではないでしょうか。

今大人気のアーティスト「あいみょん」さんや「米津玄師」さんのMVを手掛ける「山田智和(やまだともかず)」さんの世界感も素晴らしく、心動かされる映像を沢山発信されています。

では「山田智和」さんとはどんな方なのか迫ってみます。

スポンサーリンク

山田智和さんの人物像。

1987年東京都出身。 34歳(令和3年現在)。

学歴:日本大学芸術学部。

職業:映像作家・映画監督・写真家。

所属:CAVIAR
   クリエイティブチーム「 Tokyo Film」。

2015年より「CAVIAR(映像クリエイティブカンパニー)」に所属された「山田智和」さんは、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」や「サカナクション」のミュージックビデオを手がけられ、メキメキと実力を発揮されていきます。

2018年には、大ヒットした米津玄師さんの「 Lemon」やあいみょんさんの「マリーゴールド」・星野源さんの「Same Thing」など、話題まみれのアーティストのミュージックビデオを演出されたのが「山田智和」さんなんです!

他にも「NIKE」や「SUNTORY」「PRADA」「GIVENCHY」などの有名ブランドの広告映像や、ファッション誌、ビジュアル映像など多岐に渡り活動され、注目されている方でもあります。

現在世間で注目されている「ブランド」や「商品」「ファッション」「アーティスト」などほとんどに「山田智和」さんが、絡んでいるといっても過言ではない、最先端を行く方ではないでしょうか。

山田智和さんは作曲も?

山田智和さんは、映像や映画・写真だけではなく、作曲としての才能もあるとは驚きであります。

あの「乃木坂46」の作曲も手がけられ、「秋元康」さんとタックを組んだ楽曲も提供されています。

何でもこなせてしまうマルチな才能も凄い方でもあります。

専門分野だけに拘らず、様々なことにチャレンジされている所は見習わらないといけない部分でもあります。何事も固定観念に縛られない環境作りは大切であります。

山田智和さんの使用カメラは?

作品制作において「感性に触れるもの」にしっかり向き合うことを心掛けているという「山田智和」さんは、「美しい」と感じるものを、「美しい」瞬間に、逃さず追いかけて行きたいとおっしゃっています。

そんな「山田智和」さんが使用していたカメラは、「ソニーXDCAM PXW-FS7」をデビュー当時は良く使っていたのだそうです。

やはり、日本のカメラは高性能であり、また世界に羽ばたく「SONY」製品であれば間違いないですよね!

水中の情景や生物を撮影する「水中写真家」。

山田智和さんが手掛けるアーティスト。

山田智和さんは、人気アーティストのMVを沢山手掛けられていますが、どんな方がおられるのでしょうか!旬のアーティスト「米津玄師」さんと「あいみょん」さんだけでも、凄い方なのだなと思いますが、他にも様々なアーティストの作品を手掛けられています。

≪水曜日のカンパネラ≫
「ナポレオン」
「メデューサ」

≪サカナクション≫
「years」
「SORATO」
「ナイロンの糸」

≪Base Ball Bear≫
「それって、for 誰」
「すべては君のせいで」

≪DAOKO≫
「かけてあげる」

≪柴崎コウ≫
「野生の同盟」

≪Chara≫
「Tiny Dancer」

≪米津玄師≫
「 Lemon」
「Flamingo」
「馬と鹿」
「カムパネルラ」
「Pale Blue」

≪あいみょん≫
「マリーゴールド」
「今夜このまま」
「ハルノヒ」
「さよならの今日に」
「裸の心」

≪藤井風≫
「青春病」

他多数のアーティストのMVを提供されています!CMの映像も引き込まれる作品ばかりで、思わずどんな展開になるのか目が離せなくなってしまいます。

スポンサーリンク

山田智和さんの受賞歴は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tomokazu Yamada 山田智和(@tomoymd)がシェアした投稿

2013年 CREATIVE HACK AWARD グランプリ受賞。

2014年 ニューヨークフェスティバル 銀賞受賞。

2014年 GR Short Movie Award グランプリ受賞。

2018年 最優秀ビデオ賞”Best Video of the Year”受賞。

2019年 BEST VIDEO DIRECTOR受賞。

2020年 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS フィルム部門クラフト賞にてディレクター賞受賞。

2020年 最優秀ビデオ賞”Best Video of Year”2度目の受賞。

映像のエキスパートとして、沢山の受賞をされている若きエースといった雰囲気です!

いかがだったでしょうか。

映像の世界では様々な表現が求められ、そして創造性や驚きの展開が無ければ面白いものにはならないはずです。(素人が言うな!)

「山田智和」さんのセンスや感性には、全て備わった作品であるからこそ、人々が惹きつけられるのではないでしょうか。

また、新たな気付きや新しい世界に導いてくれる「山田智和」さんの作品には今後も期待です!

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク