ルース・マリー・ジャーマンは日本を愛する実業家!年齢や結婚歴は?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

日本に生まれ日本に育ち何気なく生活されている上で、日本の良さや日本の素晴らしさなど、どれくらい上げられるでしょうか。

 

以前に「ここがヘンだよ日本人」といった番組があったように、海外の方や海外に住んでみないとわからない日本の姿と良さには気づかないものがあるはずです。

 

時代は、グローバル化によって海外の考え方や異文化がとてつもないスピードで日本に入ってきていると感じてしまう今日ではありますが、今の日本は海外の方がみると、どんな感じなんでしょうか。

 

そんな傍目から見ないとわからない日本の良さについて教えてくれている実業家「ルース・マリー・ジャーマン」さんという方がおられます。

 

海外にはない日本の文化や日本人の習慣など、日本人にはわからない部分を伝えてくれる素晴らしい方であります。

 

では、そんな「ルース・マリー・ジャーマン」さんとは、どんな方なんでしょうか?探っていきます。

スポンサーリンク

ルース・マリーさんについて。

1966年5月30日ノースカロライナ出身。
          ハワイ育ち。

 

学歴:ボストンタフツ大学国際関係学部。

 

職業:実業家・コンサルタント
   ジャーマン・インターナショナル代表。
   株式会社KADOKAWA社外取締役。

 

大学在学中に日本に留学し、卒業後にはリクルートに入社したという「ルース・マリー・ジャーマン」さんは、以来30年以上にも渡って日本に住まれているそうです。

 

日本語能力試験において1級を取得するほど、日本語も達者でそのスキルを活用し、個人事業主として翻訳と通訳のキャリアもお持ちであります。

 

しかも、欧米系女性としては初の日本宅地建物取引主任者ともなり、来日外国人向けの家具付きサービスアパートメントの開発や運営に携わるなどやり手キャリアウーマンなのです。

 

2012年には、株式会社「ジャーマン・インターナショナル」を起業され、日本の誇れる魅力的なコンテンツをインターナショナルに伝え、日本と海外の架け橋的な役割を果たし幅広く活躍されている方でもあります。

 

ルース・マリーさんの日本愛。

日本に移り住んで30年以上にもなる「ルース・マリー・ジャーマン」さんではありますが、日本では当たり前のように返ってくる「落とし物」や、「YES」「NO」をはっきり言わずに、グレーなラインを上手く歩くメンタリティーが凄いことだと驚かれたそうです。

 

そんな事がありえるのは、諸外国どこをみても日本だけ!

 

多くの日本人は、日本の良さに気づいていない事ばかりでもっとその良さを自覚し、日本人であることに誇りを持って欲しいと「ルース・マリー・ジャーマン」さんは言います。

 

近年の日本は海外の評価が低いと言われていますが、もう一度日本人としての誇りを見直し自信を持って海外と渡り合わなけばならないのかもしれません。

 

日本で普通に生活をしていたら気付きずらい事を「ルース・マリー・ジャーマン」さんは、第三者の視点から気づかせてくれるほど、日本に対しての愛が深い方であることは間違いありません。

 

イタリア人の筑前琵琶修復師!「ドリアーノ・スリス」

ルース・マリーさんの年齢は?

大学在学中から日本に訪れ、日本人以上に日本の文化や習慣に詳しい「ルース・マリー・ジャーマン」さんは、日本企業のグローバル化トレーニングを行う事業や地方創生推進員を務めるなど、日本が日本らしいグローバル化を果たせるように活躍されている方でもあります。

 

30年以上も日本に住み日本の良さを発信しているとなると日本人よりも日本人らしいのかもしれません。

 

そんな「ルース・マリー・ジャーマン」さんの年齢は「55歳(令和3年現在)」であります。

 

海外の生活よりも日本での生活が長くなってしまうほど日本の事を理解しているのでしょうね。

スポンサーリンク

ルース・マリーさんの結婚歴は?

現在は独身で実業家としてバリバリお仕事をこなしている「ルース・マリー・ジャーマン」さんではありますが、以前は「ルース・マリー・ジャーマン・白石」としてご結婚もされ、2児の母親でもありました。しかし、2012年に離婚されています。

 

色々深い話しはあるでしょうが、その時に日本の同僚に相談する上でも、日本人の会話術・コミュニケーション術にも深い関心があったことを伝えてくれています。

 

逆鏡においてもいずれは、ビジネスに繋げていくたくましさも女性ならではなのかもしれませんね・・。

 

いかがだったでしょう。

 

日本人として気づいていない良い部分は、海外の方から見るとたくさんあることに驚きであります。

 

グローバル化によって日本人として悲観的な所が感じられていましたが、日本人としてもっと誇りを持って行かなければと改めて考えさせてくれる「ルース・マリー・ジャーマン」さんであります。

 

これからも、日本の良いところを諸外国だけではなく、日本人に伝えて頂きたく思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

文化
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント