Yutaはポイアーティストで世界で有名!活動内容やポイ教室は?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

世界を股にかける日本人アーティストの活動は様々でありますが、中でも「ポイ」といったパフォーマンスはご存知でしょうか。

 

「ポイ」と言っても金魚すくいに使うあれではありません・・。ジャグリングで使用するものであります。

 

現在では、そのジャグリングで使用する「ポイ」「グラフィック」であったり「LED」などで更にアーティストティックにそしてクリエイティブになっているのです。

 

そんな最先端の「ポイアート」を創出して、業界を牽引する「ポイアーティスト」「Yuta」さんという方が凄いのです。

 

では、現代「ポイ」の第一人者としても世界で知られる「Yuta」さんとは?または「ポイパフォーマンス」も探ってみます。

スポンサーリンク

Yutaさんについて。

1982年宮崎県えびの市出身。 39歳(令和3年現在)。

 

本名:今村勇太。

 

学歴:東京農工大学工学部(休学)。

 

職業:ポイアーティスト。

 

2004年にワーキングホリデービザでオーストラリアに留学された「Yuta」さんは「ポイ」と海外の地で出会ったといいます。

 

その後、留学を終えた「Yuta」さんは「ポイ」の魅力にすっかり取り憑かれパフォーマンス活動を始められたのだそうです。

 

2005年に発信したポイパフォーマンス「Deep Forfst Endangered Species」の動画が世界のポイコミュニティーに衝撃を与え、歴史的なパフォーマンスとして知られるようになったようです。

 

世界のポイアーティストから知られるようになった「Yuta」さんのパフォーマンスは世界中に影響を与える逸材とまでなります。

 

世界トップレベルのポイスキルは勿論のこと、音楽と一体となり舞う独特のスタイルは「Yuta」さんの専売特許でもあります。

 

現在でも、最先端のポイパフォーマンスをもとに、国内初の「グラフィックポイ」を使用したり、クリエイティブチーム「ポイラボ」とLEDパフォーマンスを行うなど、「ポイ」の可能性を広げるべく行動されている方であります。

 

ポイアーティストとは?

そもそも「ポイ」とは、ニュージーランドの先住民が儀式で使用するものといわれ、それがいつしかパーティーシーンに登場して広まったのだそうです。

 

現在では「ジャグリング」の道具として使われて様々なパフォーマンスを繰り広げています。

 

その「ポイ」を新たに「Yuta」さんは進化させて「ポイ」を使った舞台演出や技術協力も率先して行っている方でもあります。

 

「Yuta」さんが行うパフォーマンスにおいて「ファイアパフォーマンス」「LEDパフォーマンス」「グラフィックパフォーマンス」は世界の人達を魅了し、現代ポイの改革に務める大変偉大なパフォーマーであるのである事は間違いないでしょう。

 

パーティーに欠かせない!バルーンアーティストの姿。

ポイラボの活動。

ポイラボは、最先端「ポイアート」を創出し、ポイ業界を牽引するクリエイティブチームでもあります。

 

その代表も務める「Yuta」さんは、LEDポイを中心とした光のエンターテイメントショーによってたくさんの人達を魅了してくれています。

 

また「ビジュアルポイ」と称したパフォーマンスにおいては、様々な画像を空間に投影することが出来るLEDポイを使用して、画像データを表示する演出は人気を博しているのだそうです。

スポンサーリンク

Yutaさんのポイ教室。

海外は「モスクワ」「ウクライナ」などでも体験活動も行なっている「Yuta」さん率いる「ポイラボ」ではありますが、「井の頭ポイ練習会」や学校や施設などでも体験会を実施されています。

 

その他、多数の舞台においても演出や技術指導もされています。

 

いかがだったでしょうか。

 

光と踊りとポイの融合が今までにない幻想的な世界に導いてくれる「Yuta」さんのパフォーマンスは、今後更に世界の方々から注目を浴びるエンターテイメントになることは間違いないでしょう。

 

1度は、ご家庭でもチャレンジ「ポイ」をしてみたいものですね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

アート
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント