臼井興胤(コメダHD社長)の経歴と家系が凄い。名古屋式の喫茶店とは?

こんにちはSMOKERです。

昔ながらの「喫茶店」は最近見る事が少なくなりました。

昭和の時代、子供達から絶大な人気だった「メロンソーダ」「フルーツポンチ」を思い出す方は多いのではないでしょうか?

年々大きなチェーン店に押され、朝から晩までコーヒーのみを提供する純粋な「喫茶店」は姿を消しつつあります。

そんな昔の雰囲気を残しつつ全国47都道府県制覇した「コメダ珈琲」

そしてコメダホールディングス社長「臼井興胤(うすいおきたね)」氏の家系や経歴が凄いのです。

では、社長「臼井興胤(うすいおきたね)」氏とコメダ珈琲に迫ってみます。

スポンサーリンク

臼井興胤氏の人物像。

引用:コメダ珈琲

1958年愛媛県松山市出身。 62歳(令和2年現在)。

父親が転勤族という事もあり、小学校を転々としていた(計6回)そうです。

主に東京で育った後、「東京都立富士高等学校」に進学します。当時将来戦闘機パイロットになりたい夢もあり、「防衛大学」に進学するも中退され、一橋大学商学部に進学し卒業されております。

2013年に、外食業の役員を歴任してきた「臼井興胤」氏は、株式会社コメダ代表取締役社長に就任しますが、現場主義という事もあり、入社前に各店舗でアルバイトとして働いたり、社長となった今でも週1回は、本社屋の1階にある「コメダ珈琲店葵店」で自らコーヒーを淹れて来店客に提供しているそうです。

現場が見えていない経営者が多い世の中に、しっかり現場の動きを自らが体験しながら運営をする姿は、社員にとっても安心感と信頼感が生まれる事は間違いありません。

いくつになっても、謙虚な姿勢と肩書きやプライドに囚われない姿勢はとても素晴らしいですよね!私も含め働く人達の目指す姿なのかもしれません。

ナイフ1本だけで素材に眠る可能性を引き出す。

臼井興胤氏の経歴。

1983年 三和銀行(後の、三菱UEJ銀行)入行。

1988年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でMBA(経営学修士)取得。三和銀行企画部勤務。

1993年 セガ・エンタープライゼス入社。

1997年 セガ取締役コンシューマー事業本部副本部長。

1999年 セガ退社。

2002年 株式会社ナイキジャパンエクイップメント部長。

2003年 株式会社ナイキジャパン営業リテール統括本部長。

2006年 日本マクドナルド株式会社COO(最高執行責任者)

2007年 セガに再入社。顧問・専務取締役AM統括本部長就任。

2008年 セガ代表取締役社長COOに就任。

2012年 セガ代表取締役社長を退任。

2012年 米グルーポン社東アジア統括副社長に就任。

2013年 株式会社コメダ代表取締役社長に就任。

2014年 株式会社コメダホールディングス代表取締役社長も兼務。

ビックネームばかり出てきて「臼井興胤」氏の経歴の輝かしさには度肝を抜かれた気持ちになりました。

人のため、お客様のため、働く人達のためを考えている「臼井興胤」氏の人柄もあるからなのではないでしょうか。あらゆる企業も信頼がおける方なのでしょうね!

臼井興胤氏の家系。

千葉県印旛郡(いんばぐん)の江戸幕府天領代官臼井氏(下総国千葉氏の一族)の武家の家系29代目となるそうです。

武家の家系という由緒あるお家柄てあるからこその精神が「臼井興胤」氏には受け継がれているかもしれませんね。

スポンサーリンク

名古屋式の喫茶店とは?

名古屋(愛知)式喫茶店とは、どのようなものなのでしょうか?

1.モーニングサービス。

最大の特徴としてはモーニングサービスがつく事だそうです。コーヒーなどのドリンク代だけで、トーストなどが無料でついてくる仕組みです。

2.オマケ付き。

モーニングサービスの時間帯が終わると、コーヒーなどのドリンクにピーナッツやあられなど、おつまみなどのオマケ付きとなります。

3.コーヒーチケット。

お店独自のオリジナルチケットを扱うお店が多い。コーヒー回数券のようなもの。

今では全国的なモーニングサービスは、名古屋発祥と言われています。

子供向けのドリンクでもない、大人たちへのコーヒーなどにオマケ付きとは面白い発想ですね!

コメダ珈琲。

1968年に創業した「コメダ珈琲」は、喫茶文化の根強い名古屋中心に”くつろぎの場”を提供してきたといいます。

現在全国展開され、873店舗(令和2年11月現在)があり、関連店舗も含めると896店舗もあり、コロナ禍の現状でも成長を遂げております。

つい最近私が住む町にも「コメダ珈琲」が出展されました。

是非昔懐かしい雰囲気でコーヒーを楽しみたいですね!

web:コメダ珈琲

いかがだったでしょうか。

喫茶店といえば「コーヒー」といったイメージに負荷価値を付けた名古屋の人達の文化には感謝しかありません。

早朝に飲むコーヒーとトースト・ゆで卵のコラボは正に革命的です。

そして「コメダ珈琲」の全国展開により更に全国に浸透したといっても過言ではないと私は思います。

今後も「臼井興胤」氏の経営戦略から目が離せないものがありますよね!

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク