メイガスは世界的マジシャン。イリュージョンで紅白出演も。挫折と成功を味わう人物。

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

日本のマジックで有名といえば、「マギー司郎」さん・弟子の「マギー審司」さんと真面目に考えてしまった、昭和人間の私であります。

 

それはさておき、衝撃的なマジックが印象的な「Mr.マリック」さんを始め、最近では「セロ」さんがインパクト大であるマジシャンではないでしょうか!

 

何かしら見入ってしまうマジック、更に大掛かりで幻想的なマジックショーになると世界的にも有名な「2代目引田天功(ひきだてんこう)」さんの名前は聞いた事があるかもしれません。

 

そんな数いるマジシャンの中で最近注目のマジシャンがいるのです。

 

その名も「メイガス」さん!

 

日本人?と思ってしまいますが、純日本人です。

 

一度はどん底まで経験した。「メイガス」さんに迫ります。

 

スポンサーリンク

メイガスさんのプロフィール。

 

 

生年月日は非公開ではありますが誕生日は8月27日となっており、年齢は40代かと思われます。

 

本名:非公開。

 

出身:北海道は函館市。

 

学歴:武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。

 

職業:マジシャン・西洋奇術史研究家・演出家。

 

両親は一般的なお仕事をされていて、マジックとは縁のない家庭で育ったようです。

 

しかし、小学校時代からマジックを披露するなど幼少期からマジックと触れ合っていた事がわかっております。

 

1988年にオーストラリア建国200年祭にて2000人の観衆の前で初舞台。

 

2018年、世界最大ののマジック団体「インターナショナル・マジシャンズ・ソサイエティ」によって選定される、現在マジック界でもっとも権威のある賞の一つ「マーリン・アワード2018」を受賞。

 

2018年.2019年「NHK紅白歌合戦」に2年連続出演 「水森かおり」さんとコラボレーション。

 

今では、世界各国のメディアでも取り上げられるほどの経歴がありますが、一度はマジック界から姿を消す時代もあった「メイガス」さんの努力は並大抵のものではなかったのではないでしょうか。

 

メイガスさんの世界的活躍。

 

 

世界マジック界の権威「マリーン・アワード2018」を受賞した事は勿論の事ではありますが「メイガス」さんには世界的にマジックの指導演出や用具製作のマエストロとしても評価が高いそうで、世界21カ国・数百名の一流マジシャン達が「メイガス」さんの作品を使用されています。

 

中でも1番の作品はワインボトルを使用したマジックで、史上もっとも美しい用具であり「奇術用具のロールス・ロイス」と例えられるほどのもので、マジック業界のハイ・ブランドとして賞賛されているほどの作品です。

 

良く考えると、マジックはテクニックや演じるだけでは成り立たないですよね。マジックで使う用具も自ら考えて用意しなければならい大変さは、マジックの歴史と、あらゆるタイプのテクニックを知っていないと出来ない事がわかります。

 

メイガスさんのイリュージョン。

 

 

シアター規模のイリュージョンマジックから、イベントやディナーショーなどの小規模のプライベートパーティーまで幅広くパフォーマンスを行なってくれる「メイガス」さんは、遠いようで近い存在が人気の一つでもあるのではないでしょうか!

 

負けてもタダでは転ばない!

 

メイガスさんの挫折と成功。

 

メンガスさんは、一度28歳の時にマジック業を廃業します。

 

マジシャンとして芸能界で成功する事を目標としていましたが、マジシャンとして芸能界ではあくまでも脇役になってしまい、中々メインとしての仕事が無く、挫折してしまったそうです。 

 

一時期は、プログラマーとしてゲーム開発などもしていたようですが、やはりマジックに対しての夢を拭きれず、44歳でカンバック

 

極貧生活も経験した挫折感や失敗の人生をいかして斬新なマジックでまた新たに世界へ羽ばたくトップマジシャンに返り咲いたのです。

 

夢を追い続ける人は強い!何があっても諦めない事で新しい世界が見えてくる事を沢山の人に伝えてくれています。

 

いかがだったでしょうか。

 

見る人をに不思議な気持ちと、謎めいたものを与えてくれるマジシャン。

 

子供からお年寄りまで楽しませてくれるマジックの世界は想像力を掻き立ててくれるありがたいものではないでしょうか。

 

そして、挫折しても諦めず、また世界の舞台で活躍する「メイガス」さんの行動にはもっと広く色々な人達に知って欲しいと思います。

 

今後も「メイガス」さんの活動には目が離せません。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

コメント