松本奈緒美(主婦発明家)の活動や発明品は?経歴や出身も気になる。

こんにちはSMOKERです。

日々の生活の中で何気なく使っている日用品。

そんな中には、とても便利で使い勝手が良いものが沢山ありますよね!

近年では100円ショップのアイデア商品により、生活する上でこんなことが!と思わず感動させられる商品があります。

普段の生活でほんの些細な事が不便だなぁと感じたり、こうだったら便利なのに・・と誰しも思った事があるのではないでしょうか!

そんな痒い所に手が届くような商品を、お金をかけず発明する主婦発明家の「松本奈緒美(まつもとなおみ)」さんが気になり調べてみました。

では主婦発明家の「松本奈緒美(まつもとなおみ)」さんとは、どんな方なのでしょうか?迫ります。

スポンサーリンク

松本奈緒美さんの人物像。

カリスマ主婦発明家 「松本奈緒美」自己紹介

福島県福島市出身「松本奈緒美」さん。

子供の頃から高校まで少女漫画家を目指していたそうで、高校では美術部、大学には「アーティストになりたい」と芸術学部美術学科に進んだといいます。

しかし、あるコンペで自分の作品が審査員に海外でも同じような作品を見たこがあると言われ、自分でなくても思い付く作品だと、芸術活動の休止をしたそうです。

30代前半で、建築事務で学んだ設計技術と豊富なアイデア力を活かして、プロダクトデザインや装飾オブジェの設計業を始めたそうです。

ちなみに、2001年から2005年まで工学院大学専門校の非常勤講師を務められています。

2010年に「発明ラボックス」を設立し、発明家として初めての仕事は、某コーヒーショップチェーンの店舗のオープンを記念した販促ツールとして採用された「折り紙パズル」だったそうです。

美術的な感性と建築の設計技術を掛け合わせると面白いアイデアが沢山出てくるのでしょうね。

またご本人の家事が苦手な部分から、家事を楽にするには?と自分を助けるためとの思いもあったようです。

そんな考えでも、世間の助けになってくれている事は間違いありません。

松本奈緒美さんの経歴。

「お金をかけずに発明する」をモットーに数々の作品を発明している主婦でもあり発明家の「松本奈緒美」さんの今までのヒット開発の経歴。

・販売促進ツール「紙パズル」 100万枚

・掃除機ノズル「ペン先すーぴぃ」 14万個

・「おそうじシュシュ」 8万個

・「おまとめハンガーカバー」

・「耳あてマフラー」

数々のヒット商品を発明して、各家庭の役に立つものを開発してくれています。また企業とのロイヤリティ契約を結ぶことにより収益を得れるようになったそうです。

スポンサーリンク

松本奈緒美さんの活動。

「秋本奈緒美」さんは、株式会社「発明ラボックスの設立により、個人発明家のアイデアを企業に繋ぐ活動もされています。その名も「アイデアご意見番」のシステムの構築もされました。

システム会員 約3500人  Twitterフォロワー 約2万人

テレビ出演にも積極的に取り組まれていて出演番組は

2012年12月 「ヒルナンデス!日テレ」スーパー主婦コーナー

2013年2月 「笑っていいとも!フジテレビ」出演

2014年9月 「ノンストップ!フジテレビ」特集

2015年3月 「バイキング フジテレビ」出演

2016年9月 「NEWS アンサー テレビ東京」出演

2017年9月 「Rの法則Eテレ」

普段の何気ないテレビ放送の中で、発明家としてご覧になられた事のある方もおられるのではないでしょうか。

不自由な生活に助けられるロボット開発。

松本奈緒美さんの発明品。

販売価格 ¥5500(税¥500)

販売価格 ¥880(税¥80)

販売価格 ¥3300(税¥300)

販売価格 ¥2200(税¥200)

販売価格 ¥1100(税¥100)                  引用:発明ラボックス

中々斬新なデザインの発明品ではありますが、とても便利な物ばかりですよね!普段の家での生活の中で重宝されるのではないでしょうか!

いかがだったでしょうか。

日本で有名な発明家と言えば「ドクター中松」のイメージしかなく、発明家と言ってもどのような活動をされているのか不透明な部分が多い存在でした。

その点、主婦でもあり発明家でもある「松本奈緒美」さんは身近な存在である事と共に、普段使いの出来る物の発明により楽しい発明をされている事が分りました。

今までの発明に対する意識改革にも通づるものがあるのではないでしょうか!

今後、生活の中で何か不憫と思う事は、何かの発明になると考えながら過ごしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク