ギュテは全身脱毛症の病気と向き合い美容とメイクを職業に!

こんにちはSMOKERです。

日々の仕事や生活でのストレスで円形脱毛症などの経験をされた方は以外に多いのではないでしょうか?

かくいう私も一時期円形脱毛症に悩まされた1人でもあります。

知らず知らずのうちに、自分の見えていない位置にでき、家族に言われるまでは気づかなかったといった経験があります。

しかし、更に重度にまで進行してしまうと全身脱毛症(汎発性脱毛症)といった症状に至る事もあるのだそうです。

そんな症状に悩まされ続けるも、美容やメイク・ファッションに目を向け、メイク動画で話題となっている方がおられます。

激変ぶりのメイクが凄まじい「GYUTAE(ギュテ)」さんであります。

では全身脱毛症と戦い新たなメイクで活動される「GYUTAE(ギュテ)」さんとはどんな方なんでしょうか。

スポンサーリンク

GYUTAE(ギュテ)さんの人物像。

1994年12月23日広島県出身。 26歳(令和3年5月現在)。

本名:KIM GYUTAE(キム・ギュテ)。

国籍:韓国。

職業:メイクアップアーティスト。YouTuber。

幼い頃から母親のメイクをする姿が好きだったという「GYUTAE(ギュテ)」さんは、中学生になると、当時流行していたK-POPアイドルのようになりたく母親のメイク道具でメイクを始めたといいます。

当時は今のように「メンズメイク」という文化がまだ浸透していなく、女性になりたいのじゃないか?と母親から心配されたそうです。(現在では理解されているようです)。

時代は変われど、幼き頃に化粧品に興味を持った事のある男性は多いのではないでしょうか?私自身も女性になりたいわけではなく、化粧道具には興味深々だった事を思い出します。

高校2年生の頃から「GYUTAE(ギュテ)」さんは、自身の髪の毛では隠せないほど髪の毛が抜け落ちるようになったといいます。

高校生といえば青春真っ只中、髪の毛でオシャレをしたい年頃でもあり、相当なショックがあった事でしょう。周囲の目やいじめもあったそうです。

しかし大好きだった美容やメイクを極めたいという強い気持ちでそれらを払拭し、YouTubeやSNS発信され注目を集めるようになります。

メイク以外にも、ファッションやアクセサリーも好きな「GYUTAE(ギュテ)」さんは、GUやZARAでのお仕事も経験されていたようです。

全身脱毛症(汎発性脱毛症)とは?

円形脱毛症において最も症状が重度と言われ、難病指定を検討されているほどの病気であります。

頭髪だけに留まらず、眉毛、まつ毛、ひげ、脇毛、陰毛、その他すべてのありとあらゆる毛が抜け落ちてしまう脱毛症。

まだ原因がはっきりしていないのが実情であり、「精神的ストレス」「内分免疫疾患」「遺伝的素因」などが考えられるといわれています。

なんとも厄介な病気でもありますが、症状に苦しむ人達のためにも、治療出来るようになって欲しいですよね。

数々の有名人をヘアメイクする美容師。

病気と向き合えたきっかけ。

病気が発症した時に「GYUTAE(ギュテ)」さんは、つらい時期やどん底まで追い詰められたといいます。

1番の感性豊かな年頃で、身体中の毛が抜け落ちたらつらくないはずはありません!しかも1番病状が悪化しているときに、友人からのいじめもあったといいます。

1番励まして欲しい友人からのいじめまでを乗り越えられるには、相当な気持ちを持っていなければならなかったでしょう。

「GYUTAE(ギュテ)」さんは、下を向いていても前には進めない、病気になる前にはたくさんの夢があった事思い出し、髪がないだけで後は何も変わらないと考えるように!

その後は、がむしゃらにメイクやファッションの道を極めていくようになったのだそうです。

更に動画投稿によるユーザーからの発言にも自身も支えられ、前向きに考えることで上手くいく喜びも感じるようになったといいます。

世知辛い世の中に「GYUTAE(ギュテ)」さんのように身を持って経験した事を発信する勇気と前向きに生きる姿勢が素晴らしいですよね。

同じ境遇ではない方からも指示を受ける理由は、ありのままの自分を飾らずに伝えているからなんでしょう。例えきっかけがメイクであっても、男性からのファンも多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

GYUTAE(ギュテ)さんのメイク術。

【報告】事実と違うネット記事や脱毛症、過去の話について。【重大発表】

いかがだったでしょうか。

人には様々な境遇がありますが、病気と戦いながらもメイクを通して人々に勇気を与える「GYUTAE(ギュテ)」さんの活動は、年齢を問わずに素晴らしい事ではないでしょうか!

病気や国籍、見た目だけで判断される事が多い世の中を払拭していけるよう、自分には関係ないという人々も考えていかなければならない事ですよね!

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク