梶田香織が紹介するバタートーストが絶品!本当の姿は?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

朝食は“ごはんに味噌汁”といったご家庭は以前に比べ少なくなったように感じませんでしょうか?

 

朝食は元気の源というように、朝食を抜くと太りやすくなったり、集中力が低下したりといったデメリットも多くなるのはご存知かと思います。

 

そんな朝食において、パン派か?ご飯派か?といった事は、各ご家庭での永遠のテーマであるはずです。

 

ひと昔前であれば朝食の主流といえば“ご飯”が当たり前といった時代ではありましたが、令和の現在であれば“パン”といったご家庭の方が多く感じます。

 

さて、“パン”といえば、トーストを思い浮かべてしまわないですか?近年の食パンブームにより美味しさ満載の様々な種類のトーストを味わうことが出来ますよね。

 

トーストといえば、やはりバターをたっぷりと塗った「バタートースト」には、”ご飯”でなくても問題ないほどの魅力溢れる美味しさがあります。

 

昔ながらの喫茶店の“モーニング”にも欠かせない「バタートースト」ではありますが、その魅力に30年以上食べ歩き研究されている方がおられるのです。

 

今までにない絶品の「バタートースト」を知る「梶田香織(かじたかおり)」さんであります。

 

では、日本にただ1人しかいない?とも言われる「バタートースト」評論家としても名高い「梶田香織」さんとはどんな方なんでしょうか?

スポンサーリンク

梶田香織さんについて。

出身:愛知県名古屋市。

 

年齢:不詳。

 

職業:バタートースト評論家。
   プレゼンテーション専門講師。

 

小学生の時、伯母が始めた喫茶店で作る「バタートースト」が衝撃的な美味しさのあまり「バタートースト」にすっかり魅了されてしまったという「梶田香織」さんは、「バタートースト」30年以上に渡り食べ歩き研究をされたそうです。

 

その「バタートースト」愛は、仕事にしてしまうほどのマニアぶりでもあります。

 

栄養士の資格を習得した後に、「Pasco(敷島製パン株式会社)」の開発部にて、パンやデザート類の施策研究開発を担当され、社内製パン学校に女性第一号の聴講生として入学、粉から1人でパンを作ることも出来てしまうほどの技術も習得されております。

 

自らの食べ歩きや、栄養学の知識、そしてパン開発の経験から「バタートースト」を専門的に語る事の出来る知識量をもったマニアを超えた「神」といってもおかしくはないほどの方あります。

奇跡の窯で焼く神戸の絶品パン!フロイン堂。

絶品バタートースト。

 

パンを焼いてバターを塗るだけのシンプルな「バタートースト」ではありますが、パンとバターが美味しければおいしいに決まっている!だけではないと「梶田香織」さんはいいます。

 

「バタートースト」には、深く広いワールドがあるのだそうです!

 

美味しい「バタートースト」には職人技の結集であり、作り方によって美味しさが激変するとのことです。

 

その奥の深さは「ステーキ」を焼くことに例えられ、肉の厚さや火加減、塩や胡椒の加減など焼き方によって美味しいさが異なるのと一緒なんだそうです。

 

バターの量や焼き加減で味が全く異なるとは「バタートースト」も侮れないですよね!

スポンサーリンク

梶田香織さんの素顔は?

「バタートースト」評論家だけが先走ってしまいがちな「梶田香織」さんではありますが、聞き手に目的通りに感じてもらえる声と話し方技術を要する「ナレーター」としての一面もお持ちの方であります。

 

そのキャリアは何と!20年余りの超ベテランでもあります。

 

全国放送のテレビ番組、CM、企画PR、商品紹介映像のナレーションに至るまで担当され、東海地区ではその「声」を聞いたことがないというほどの「声」プロフェッショナルな方なんです。

 

その他、プレゼンテーション専門講師やコミュニケーションのスキルアップなど、「声」「話し方」の専門講師としての活躍されている有名な方だったのです。

 

パンを極め、声や話し方まで極めているとは驚きな経歴のお持ちな方であります。

 

いかがだったでしょうか。

 

パンが美味しい、バターが美味しいとは良く耳にしますが、合わせた「バタートースト」が美味しいとはあまり聞き慣れない耳よりな情報ですよね。

 

何ごとも追求していくと見えていない世界が広がるといった事を「梶田香織」さんには教えられました。

 

ご家庭でも「バタートースト」を極める研究をするのも面白いかもしれません・・。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

ワーク
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント