藤原博史(ふじわらひろし)さん。職業ペット探偵(猫探偵)評判や料金は?

出典元:photoAC

こんにちはSMOKERです。

みなさん、今日の日本で、どのくらいのペットが飼われているかご存知でしょうか?

以前私も、フレンチブルドックを2匹飼っていました!(現在はトカゲ・・・!)

犬や猫など、メジャーな動物から色々な種類のペットを飼われている方が、現代では非常に多いかと思われます。

実質、犬や猫だけの数だと、2019年(令和元年)の段階で、犬879万7千頭・猫997万8千頭と日本の15歳未満の子供の数より多くなることにびっくりです。

それだけ、各家庭に「ペット」を家族として迎え入れる事がわかります。

少子化問題がかなり深刻である事と同時に、「ペット」を必要とする、ご家庭も沢山いることに驚かせられます。

我が家でも、子供が生まれる以前から「ペット」がいない生活はしたことがありませんが、何かしら心の拠り所や、ペットに家族としての癒しなどを求めているのかもしれません。

もし、家族同然の「ペット」達が突然いなくなったら・・や、迷子になってしまったら・・。と考えたくないような事件が起こりうる可能性があります。

しかし、そんな事件に救世主ともいえる「ペット探偵」たる人がいるではないですか!

その名もペットレスキュー代表「藤原博史(ふじわらひろし)」さん。

では、藤原博史さんとは?または「ペット探偵」とは、どんなお仕事なんでしょうか?

藤原博史(ふじわらひろし)さんの人物像。

1969年3月生まれの、兵庫県出身。小さな頃から昆虫や動物に興味を持ち、将来は「動物に関わる仕事に就きたい」というほどの動物好き。

普通に考えるのならば、動物に関わる仕事であれば、「獣医」さんや「ペットショップ経営」などを思い付くのではないでしょうか。

しかし、藤原博史(ふじわらひろし)さんに関しては、26歳の頃に「ペット探偵」なるものをひらめき、神奈川県所沢市で1997年「ペットレスキュー」という会社を設立。

以降25年に渡り「ペット探偵」として活動を続けている。

ドキュメンタリードラマ「猫探偵の事件簿」のモデルともなっています。

面白い発想で、会社まで作ってしまう行動力は、さすがの一言です。

ペットはかわいいから!や寂しいから!だけの気持ちだけでは飼ってはいけないと思います。

一人の家族として最後まで責任を持たなければなりません。

そんな人たちの気持ちを汲んでくれている素晴らしい会社であり、そして代表の藤原博史(ふじわらひろし)さんなのではないでしょうか!

スポンサーリンク

ペット探偵とは?

現在、犬も猫も家の中で一緒に生活されている方が多いはずです。ペットではなく、今ではコンパニオンアニマル(人間と生活を共にするような、より親密な関係の動物)というそうです。

そんな、大切な存在が、日々の生活の中で突然姿を消してしまったら?家を飛び出して帰ってこない、迷子になって見つけられないなどの事件が起こってしまう事があるかもしれません。

そういった人たちを救済する事が「ペット探偵」こと「藤原博史(ふじわらひろし)」さんなのです。

これまで救出・発見したペットは2500匹以上で、年間200件以上の依頼がある、ペット探偵界ではカリスマ的存在。

それぞれの動物の性格や習性と共に、その土地の地形をプロファイルして、複合的な要因からペットを探していくそうです。

ちなみに、現在室内飼いが増えた犬の失踪が減ったのに対し、猫の探索依頼が増えているそうです、自由気ままな猫は、ドアの隙間をすり抜けて失踪してしまうのでしょうね。(猫は自分の頭の大きさの穴であれば通り抜けることが出来ちゃいます)

ペット探偵の評判や料金・場所。

発見率は、猫80%・犬75%・フェレット・プレーリードック・ウサギ等の小動物が70%と過去20年間、3000頭の探索結果発見パーセンテージ。

作業スケジュールは、1日単位で契約し、個々によって行動パターンが変化し、対象が生き物であるため刻々と状況が変化していきます。依頼者と相談の上作業を進めていく。

ペットの好む場所を探し目撃、チラシ・ポスターによる情報提供、聞き込み作業により居場所を特定、警察や愛護センターに届けられる、えさやトラップにより保護などがあります。

人の探偵と言えば、探している人物に対し、内密に行うのが主流ではありますが、ペットの探偵に関していえば、全くの逆、探しているペットに飼い主さんの存在を知らせる事も、大切な事ではないかと思います。

【基本探索費1日】の料金は、\30000円+税+チラシコピーチラシ代金+交通費。

遠方に出張の場合は、出張費、宿泊費が加算されます。

大切な家族(ペット)を探すには、高いか安いかと思うのは、個人によるかと思いますが、大切な命です、お金には代えられないものがありますよね。

PET RESCUE [ ペットレスキュー ]

住所:〒251-0002 神奈川県藤沢市大鋸3-7-32

フリーダイヤル 0120-73-1020

                                   参照:PET RESCUE [ ペットレスキュー ]

まとめ

ペットを飼った事がある人にしかわからない気持ちです。

飼い主にしてみれば、自分の血を分けた子供と変わらない気持ちで接している人がほとんどではないでしょうか。

今後もペット暮らす人たちが増えてくると思います。そんな方たちに助け船となる、藤原博史(ふじわらひろし)さんに今後も注目して行きたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク