2代目社長高田旭人・春菜兄弟の学歴や経歴が凄い!資産はいかほど?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

テレビ通販ではお馴染みの「ジャパネットたかた」

 

思わず「安い!」「欲しい!」「便利!」などと思い購入したことがある方は多いはずです。

 

かく言う私もつい最近「掃除機」を購入させて頂きました。

 

あのテレビからの商品の魅力を存分に伝えてくれる「ジャパネットたかた」の通販には、同じものを持っていても買い替えてしまいたくなるは私だけではないはずです。

 

さて、そんな「ジャパネットたかた」のカリスマ社長「高田明」氏が退任されて、今も変わらずお茶の間に情報を届けてくれいますが、2代目の社長とはどんな方か?気になってしまいますよね。

 

先代が偉大な方だけに、2代目のプレッシャーも相当なものではないでしょうか。

 

しかし、そんなこともあらず成長をし続けさせている長男であり、2代目社長の「高田旭人(たかたあきと)」さんも変わらずのカリスマ的な存在となっております。

 

しかも、長女の「高田春菜(たかたはるな)」さんまでも、敏腕ぶりを発揮!まさに商売のカリスマファミリーであります。

 

では、そんな経営のカリスマ兄弟「高田旭人」さんと「高田春菜」さんとはどんな方なのか?探ってみます。

 

スポンサーリンク

 

高田旭人さんについて。

1979年長崎県佐世保市出身。 42歳(令和3年現在)。

 

職業:株式会社ジャパネットたかた代表取締役。

 

座右の銘:自信は努力から。

 

高田家:長男。

 

幼き頃の「高田旭人」さんの悩みは、「両親がいなくなったらどうしよう」とばかり考える親思い、そして家族が大好きお子さんだったといいます。

 

両親の商売をしている姿を見て、小学生にして自分が引き継ぐ意識をしていたという「高田旭人」さんは、大学卒業後にはエリート街道まっしぐらの「野村證券」に勤め、その後「ジャパネットたかた」に入社されたのだそうです。

 

入社後には、社内の全員がわかるくらいカリスマ社長「高田明」氏とバチバチの関係であったという「高田旭人」さんはある時、父でありカリスマ前社長からキレ気味に「お前が社長をやれば!」といった言葉から、社長職を引き継ぐ形になったようです。

 

絶対的なカリスマ社長だと思っていた「高田明」氏ではありますが、実際には、実の子供であっても「人の話しをしっかりと聞く」といった耳を持っているのでしょうね。

 

やはり成功者であるからこその全てを兼ね備えてるからこそ、ここまで「ジャパネットたかた」が世間に名の知られた企業となった事は間違いありません。

 

それからは、両親の世の中に対しての不満や社員に対してのグチをいわない姿勢、そして常にお客様の満足度を考える文化を引き継ぎ会社を更に成長させる2代目社長となっています。

 

また先代の創業社長のテレビ通販番組に出演して、自ら商品を紹介することはせず「見つける」「磨く」「伝える」を会社の事業方針として新たな取り組みをされています。

 

高田春菜さんについて。

1977年長崎県佐世保市出身。 44歳(令和3年現在)。

 

職業:V・ファーレン長崎代表取締役。
   ジャパネットホールディングス取締役。
      エスプリングホールディングス代表取締役。

 

高田家:長女。

 

10代の頃は「ジャパネットたかた」と自分を結びつけられることが嫌だったという「高田春菜」さんではありますが、大手企業「SONY」に勤められているうちに考え方が変わっていったのだそうです。

 

自分のプライドよりも、家族を助ける方が大事と考えるようになった「高田春菜」さんは、「SONY」を退社されジャパネットの人材開発を担う「ジャパネットソーシャル」を設立され、グループ内の人事制度の構築などを手掛けることで、家族の会社をサポートされています。

 

長男しかり、長女までとしっかりした家族関係を構築されているカリスマ前社長の「高田明」氏の人柄は、テレビでお見掛けするよりも更に深い所にあるのでしょうね。

 

また「高田春菜」さん曰く、父から「人の接し方」を学んだ!という事もあり、目上の人から新入社員まで年齢に関係なく、気さくに声をかけるフラットな姿勢がとても尊敬出来るところなんだそうです。

 

会社を大きくする、売り上げを大幅に上げるのではなく、人との関わり方や社員に対する接し方・考え方があるからこそ、家族・そして世間からも愛される企業になっていることが伺えます。

 

15年もの間、「ジャパネット」の子会社や広告代理店業務の会社などの社長として勤めた「高田春菜」さんは、その後「V・ファーレン長崎」の社長までも就任するまでとなります。

 

どれだけの肩書きを持つ方なのでしょうか!女性としての敏腕ぶりは「ジャパネットたかた」においての大黒柱であることは間違いないでしょうね。

 

高田旭人さんの学歴・経歴。

出身大学:東京大学理科二類入学、教養学部卒業

2002年 野村證券入社。

2004年 ジャパネットたかた入社。

2010年 総合顧客コンタクト本部長。
              商品管理管理部長。

2010年 ジャパネットコミュニケーションズ
              代表取締役社長。

2012年 ジャパネットたかた代表取締役副社長。
              ジャパネットコミュニケーション取締役

2015年 ジャパネットたかた代表取締役社長。

 

元専業主婦でありながらドムドムバーガーを復活させる!

 

 

高田春菜さんの学歴・経歴。

出身大学:国際基督教大学卒業。
     東京大学教育学部卒業。

2001年 SONYに入社。

2005年 SONY退社。

2005年 ジャパネットソーシャルキャピタル
             設立。

2010年 エスプリングホールディングス設立。

2015年 ジャパネットホールディングス
             エスプリングアジャンス経営統合。

2015年 東京大学教育学部卒業。

2018年 V・ファーレン長崎代表取締役社長。

スポンサーリンク

 

高田ファミリーの資産は?

2015年には年商1500億円もの大企業でもある「ジャパネットたかた」ではありますが、2代目の「高田旭人」さんになってからも成長は留まる事を知らず、2019年には年商2076億円と一般人には想像出来ない数字ではあります。

 

家族経営となると、どれだけ資産になるのか?と気になってしまいますよね!

 

プロのサッカーチームも運営するとなると相当ではないでしょうか。2012年には前社長のカリスマ「高田明」氏の総資産は600億円とも言われています。

 

更に経営が好調となれば、2021年現在「高田ファミリー」の資産は相当なものになっているのではないでしょうか。

 

アメリカンドリームとは良く言いますが、ジャパニーズドリームも夢がありますよね。

 

いかがだったでしょうか。

 

カメラ屋さんから始まった「ジャパネットたかた」の好調さには納得の一言であります。

 

カリスマ社長の父親を筆頭にお互いがお互いを刺激し合う家族の絆と愛があるご家庭だったからこその今の姿なんでしょうね。

 

やはり、経営もさることながら家族としての基盤がしっかりしているからなのでは!と思わせてくれます。

 

仕事も大事!それでも家族はもっと大事にしていかなければなりませんよね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

ワーク
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント