十文字幻斎の催眠術は本当!体験者や弟子の存在は?かからない失敗談も!

こんにちはSMOKERです。

嘘かまことか?と思ってしまう「催眠術」。

かかりやすい人、かかりにくい人とそれぞれではありますが、一度は体験してみたい!と思った方もおられるのではないでしょうか。

また、心理的な悩みを改善出来てしまう「催眠療法」も注目を集めていますが、日々の疲れや悩みを解消出来るのであれば、こんな素晴らしい事はないですよね。

最近テレビなどでも紹介される事の多い「催眠術」ですが、そんな「催眠術師」の中に気になる方がおられます。

催眠術師というと、何かと胡散臭い風貌な方も多い中、相手を瞬時に催眠の世界へ導くことから「閃光の催眠術師」と言われる「十文字幻斎(じゅうもんじげんさい)」という方がおられます。

やっぱり胡散臭いと思う方もおられるでしょうが、この「十文字幻斎」さんは中々どうして、真実味があるのではと感じました。

では「十文字幻斎」さんとはどんな方なのでしょうか。

スポンサーリンク

十文字幻斎さんの人物像。

生年月日や学歴・本名は非公開となっている「十文字幻斎」さんではありますが、出身は京都府であります。

なぜ出身地だけ公開しているのか?更に謎が深まる存在ではあります。

5歳から兄の「手品奇術入門」という本を見て、マジックから始められたという「十文字幻斎」さん、実家は嵯峨嵐山では名前が知れたお家柄で、お金持ちであったようです。

しかし、性格に難があったのか?小学校・中学校は壮絶ないじめにあっていたのだとか・・。
そのため、高校は隣の県の奈良まで通っていたとのことです。

その後マジックをきっかけにいじめを克服され、マジックを力に高校を辞めドイツ留学をされるなど、ヨーロッパでプロのマジシャンとして活動されていました。

日本に帰国後、サラリーマンになるも働いていた会社が倒産・・。

ある日マジックのチラシに「不思議を体験せよ!」の言葉から、不思議なことを身体でするのは催眠術だと思い、催眠術師を志すことになったのだそうです。

壮絶な人生を歩まれているようですが、何か楽観的でもあり、前向きな姿勢が素敵です。元からエンターテイナー的な要素があったのかもしれませんよね。

人を驚かせたり、笑わせたりする方々には何かしら辛い過去がある方が多いように感じます。

十文字幻斎さんの催眠術は本当?

催眠術師が開催していたイベントに参加して、率先して催眠に掛かりたいと手を上げていた経験を持つ「十文字幻斎」さんですが、催眠術を始める前までは、マジックの様に種があると思っていたのだそうです。

しかし、実際に自分で体感した事によって、技術を意地でも盗むと息巻いて、片っ端から掛け方を教えて貰い、練習に励んだといいます。

催眠術で1番大切なのは掛かる前なのだそうで、「腕が曲がらない」という瞬間には8割終わっているのだとか、会った瞬間から相手とのコミュニケーションで催眠術は始まっているのでしょうね。

「十文字幻斎」さんは、催眠術が掛からなくても隠さず、掛かったフリをするヤラセ的な事も一切禁止されていて本当のリアルな催眠術を公開されています。

信じるか信じないかはあなたしだいですが、私は信じます!

日本を代表するエンターテイナーパフォーマー!

催眠術を体験した有名人。

十文字幻斎さんが催眠術を掛けた有名人は多数おられますが、その中でも印象的だったのが「菅田将暉」さんではないでしょうか。

自身満々で「菅田将暉」さんに催眠術を掛けてみたところ、全く掛からず・・・。
全国放送でもあり本心は「使ってほしくない」と思っていたそうで、引退も覚悟されていたようです。

逆に「菜々緒」さんは催眠術に掛からないと豪語するも、見事に「十文字幻斎」さんの言いなりになってしまいました。

その他「広瀬すず」さんや「吉高由里子」さん「博多華丸・大吉」さん「森三中・大島」さんなど多数の有名人に催眠術を体感して貰っています。

スポンサーリンク

十文字幻斎さんの弟子は?

催眠術を失敗したことによって「ヤラセじゃない」と、逆にブレイクを果たした「十文字幻斎」さんでありますが、お弟子さんにはどんな方がおられるのでしょうか?

お弟子さんの中には、マネーの虎で有名な「なんでんかんでん社長・川原ひろし」さんや、タレントの「前田友理香(まえだゆりか)」さんなどの異色なメンバーから、名を受け継ぐ「十文字瑠美」さんや「十文字悠迦」さんなどのお弟子さんがおられます。

マジックも催眠術も習得出来そうですが、中々道のりは厳しそうですよね!

いかがだったでしょうか。

嘘のような出来事に、信じ難いと思ってしまう催眠術ではありますが「十文字幻斎」さんのように失敗があってもやり続ける姿を見れば、嘘ではない事がわかります。

中には胡散臭いのものがあるのも事実ではありますが、催眠療法などメンタル面での促進も推し進めて頂きたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク