佐藤卓夫はエアトレインの達人!東大出身の世界チャンプとは本当?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

日々の移動では欠かせない「電車」。中でも鉄道ファンの方々の熱中ぶりには、年齢に関係なく鉄道においての様々なコアなジャンルの知識に驚かされるばかりではないでしょうか。

 

最近では、「撮り鉄」のマナーにおいて問題が取り沙汰されることも多々ありますが、それだけ鉄道ファンの熱狂ぶりには圧倒されてしまうものがあります。

 

さて、鉄道ファンの中には「撮り鉄」「車両鉄」「路線研究」などなど各ジャンルにおいて特別詳しい方々の他に「エアトレイン」といった鉄道音をマネする方がおられるのです。

 

しかも、世界チャンピオンと聞いたらどんな方なのか気になってしまいます。

 

では、「エアトレイン」世界チャンピオンでもある「佐藤卓夫(さとうたくお)」さんとはどんな方なのか?探っていきます。

 

スポンサーリンク

 

佐藤卓夫さんについて。

1988年1月19日神奈川県出身。 33歳(令和3年現在)。

 

資格:1級建築士/英語検定準一級/TOEIC930点
   中国語検定3級。

 

普段は会社員として勤めているという「佐藤卓夫」さんではありますが、アカペラ活動や声帯模写など声だけで作る表現を追求している方でもあります。

 

資格を見てもわかるように、秀才であることは間違いないかと思われますが、何事にもとことん突き詰めていく研究熱心な事が伺えます。

 

鉄道好きとアカペラのボイスパーカッションの経験から、あの人気番組「ハモネプリーグ」にも出演された経歴もお持ちです。

 

「ハモネプリーグ」といえば、人気YouTuberの「ヒカキン」さんも若かれし頃に出演されていた番組ですよね!

 

そんな番組において「佐藤卓夫」さんも4位に入賞されるなどメディアでの活躍も目覚ましい方でもあります。

 

音域をフルに活かした「エアトレイン」においては、「どうやってこんな声を出してるの?」「ホントに声?」と思わされてしまうほどのリアルさに、その場にいなくても様々な鉄道の音とアナウンス、車内放送まで完璧に模写してしまいます。

 

まるで、人間版の九官鳥やオウムといった感じでしょうか!もう録音された音にしか聞こえないと言うほどであります。

 

まさに、「神業」といってしまうほどの領域におられる方であります。

 

エアトレインとは?

鉄道にまつわる音を肉声だけで表現するパフォーマンスであるそうです。

 

鉄道のモーター音とエンジン音に始まり、走行中の音や警笛、構内アナウンスと駅員アナウンスに至るまで鉄道に関わるほとんどを声だけで模写してしまう凄技であります。

 

音の出し方も当然高度な技術を必要とされますが、それ以前に相当な耳の良さも必要になるのではないでしょうか!

 

ボイスパーカッション×フルートの女性奏者。

佐藤卓夫さんは東大出身?

1級建築士の資格やTOEICでの点数をみてもわかるように頭の切れる方であることは間違いありません。まさにエリートでございます。

 

そんな「佐藤卓夫」さんの出身大学は「東京大学工学部」を卒業されています。

 

高学歴でもあり、パフォーマンスも芸術的とあっては注目されてしまうのもわかりますよね!

 

スポンサーリンク

世界チャンピオンの実力は?

“電車オタク”として有名なDJ「野月貴弘」が中心となって結成したテクノ・ユニット「SUPER BELL”Z」が、鉄道ファンなら誰もが口ずさんだことのある鉄道車両の走行音などを「口まね」で表現し、それを「エアトレイン」と命名したのが始まりとわれます。

 

今では「エアトレイン世界大会」といった大会が開催されていますが、「佐藤卓夫」さんはその大会において「世界チャンピオン4連覇」を果たされているのです。

 

不動のチャンプといっても良いのではないでしょうか!いつかは「佐藤卓夫」さんを倒す誰かが現れるのかは今後に期待です・・。

 

いかがだったでしょうか。

 

声さえ出せれば誰でも始められるボイスパーカッションにおいて「鉄道」と組み合わせてしまう発想も面白い「佐藤卓夫」さんではありますが、ディフェディングチャンピオンとして、これからも世界チャンピオンであり続けて頂きたいものですね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

職人
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント