山崎隆明はホットペーパーのアフレコ声優で新しい地図も担当!CM作品は?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

今から10数年ほど前に、リクルートのホットペッパーグルメのアフレコCMには、インパクトが強くついつい笑ってしまった記憶がある方も多いはずです。

 

つい最近2019年にも、久しぶりに復活のCMが流され話題にもなったのではないでしょうか。

 

洋服などのファッションに限らず、様々な分野でリバイバル版が新しいものとして扱われる世の中ではありますが、またそのリクルートのホットペッパーグルメのCMをもとに、TikTokなどで流行が起こっているようです。

 

さて、そんなホットペッパーグルメのCMではありますが、あの独特の関西弁の言い回し方は、思わずクスッとなってしまいますよね!

 

どんな方が声優をされてるのか気になってしまいます。調べた所によると「山崎隆明(やまざきたかあき)」さんという有名なクリエイティブディレクターで、あの「新しい地図」の担当もされている方でもあります。

 

では「山崎隆明」さんとはどんな方なのか探ってみます!

 

スポンサーリンク

 

山崎隆明さんの人物像。

 

1962年9月28日京都府出身。 58歳(令和3年8月現在)。

 

学歴:日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科。

 

職業:クリエイティブディレクター。
   CMプランナー。
   コピーライター。

 

大学卒業後に、1年就職留年した後に最大手の「株式会社電通」に入社された「山崎隆明」さんは、電通関西支社シニアクリエイティブディレクターを経て、2009年に「ワトソン・クリック」という会社を設立させます。

 

その後も勢力的に務め、クリエイティブディレクターとして、そしてCMプランナーとして活動の幅を広げていき、リクルートの「ホットペッパー」をはじめ、大手企業のテレビCMを中心とした広告キャンペーンに携わり、世間に対しての商品アピールに非常に貢献されている方でもあります。

 

個性的な表現から企画が、若年層の支持も高く子供からお年寄りまで年齢に関係のない好感度の高いCMには面白さと次の展開に期待を持たれる方も多いのではないでしょうか。

 

西日本・東日本関係なく笑いや親しみの持てるCMには、誰もが食いついてしまい、クセになってしまうものばかりであります。

 

ホットペッパーグルメCM。

 

 

昔見たCMもかなりクセになってしまいましたが、現代においても全く色あせないちょっとした所にツボってしまいますよね!

 

まさかCMの構成から、アフレコまで担当されているとは思いもよりません。

 

映像に関しても、実際に洋画を切り取ってアフレコされているのではなく、洋画に見えるように撮影されているのです。

 

洋画そのものを使っているのかと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

アクションの伝授からスタントまでこなす監督。

元SMAPの新しい地図も担当。

2017年に生まれた、元SMAPの「稲垣吾郎」さん「草彅剛」さん「香取慎吾」さんによる「新しい地図」では、クリエイティブディレクターとして「山崎隆明」さんも務められています。

 

以前からSMAPとの親交も深いようで「木村拓哉」さんのタマホームのCMやSMAPのジャンクション曲として「チョモランマの唄」を作詞作曲するなど様々な分野で関わりがあったことが伺えます。

 

スポンサーリンク

山崎隆明さんのCM作品は?

 

・マンダム ギャッツビー。
・大日本除虫菊 ダンスにゴンゴン人形用。
・UHA味覚糖 ベアーズチョコ。
・ダイハツ テリオスルキア。
・サントリー BOSS。
・リクルート ホットペッパー。
・大日本除虫菊 水性キンチョール。
・大日本除虫菊 キンチョウリキッド。
・象印マホービン。
・サントリー 野菜カロリー計画。
・タマホーム。
・日清食品 カップヌードル。
・ドリームジャンボ宝くじ。
・ダイハツ工業 ミライース。

 

誰もがインパクト大のCMに、興味をそそられたCMばかりではないでしょうか。

 

特にホットペッパーとキンチョールのCMは、個性的で頭に残り、何年たっても思い起こせてしまいます。

 

いかがだったでしょうか。

 

毎日何気なくテレビから流れるCMではありますが、ここまで印象深いCMは中々ないのではないでしょうか。

 

関西出身でもある「山崎隆明」さんの感性もあるのでしょうか?全国津々浦々に、またこれからも心に残るものを制作して欲しいですね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

ワーク
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント