大久保謙作は米米CLUBのベーシスト!パスタ愛によるお店やメニューは?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

昭和を代表するバンドである「米米CLUB」。

 

バンドブームの最中、トレンディドラマの主題歌に起用されるなど、バンド全体のビジュアルとは全く異なった綺麗な歌が印象的でもあります。

 

今は解散されている名バンドではありますが、たくさんの名曲を残されていますよね!

 

当時中学生だった私もお小遣いを貯めてCDを買った記憶があります。

 

さて、そんな「米米CLUB」のメンバーでもあり、リーダーとして活躍されていたベーシストのBONさんこと「大久保謙作(おおくぼけんさく)」さんが、今やたらこパスタマニアになっているのはご存知でしょうか。

 

しかも自らお店まで出してしまうこだわりぶりでもあります。

 

では「大久保謙作」さんやお店はどんな所なんでしょうか。

 

スポンサーリンク

大久保謙作さんの人物像。

 

1960年3月5日神奈川県川崎市出身。 61歳(令和3年現在)。

 

学歴:文化学院。

 

職業:ミュージシャン・実業家。

 

通称:BON。

 

文化学院時代に在籍していた映画研究会「A-Ken」のメンバー「カールスモーキー石井」さん、「ジェームス小野田」さん、「大久保謙作(BON)」さんらが中心に、卒業後に結成された「米米CLUB」でありますが、「大久保謙作」さんはベーシスト兼リーダーとして活躍されていました。

 

様々なヒット曲を飛ばし、惜しまれながらも1997年には解散。

 

「大久保謙作」さんは、趣味の食べ歩きから解散以前に代官山に「カッパドゥエチ」というカジュアルイタリアンレストランを営むほどだったといいます。

 

しかも、イタリアンパスタに留まらず、自身がこよなく愛する「たらこパスタ」が好きすぎて専門店をオープンさせるほどに!

 

好きこそ物の上手なれと言わんばかりのお店であります!ミュージシャンをしながら、大好きな「たらこパスタ」に囲まれる生活をされています。

 

お店でも、しっかり勤務シフトに入っているそうで、経営者としてだけではなく、しっかりと調理の方もされているようです。

 

ミュージシャンとしての感性と料理(パスタ)のコラボは是非一度食べてみたいですよね。

 

大久保謙作さんのパスタ愛。

たらこパスタを食べ続けて40年という「大久保謙作」さんではありますが、飽きのこない、懐かしい味わいが好きなのだそうです。

 

自分だけでは無く多くの人に、たらこパスタの魅力を知って欲しいと、オーソドックスな味付けから、ペペロンチーノ系、バジルやカリカリ梅まで、様々なパスタの味付けとたらこパスタを組み合わせた斬新なメニューには驚きと感動は他にはないはずです。

 

洋食の巨匠は元グループサウンズ?

大久保謙作さんのお店は?

 

たらこパスタ好きから専門店を作ってしまった「大久保謙作」さんのお店は「タラタラ・タラッコ」。

 

研究を重ねて様々にアレンジした「たらこパスタ」だけを提供するお店であります。

 

一般的な「たらこパスタ」の常識を覆す調理には驚かされます!

 

《タラタラ・タラッコ》

住所:〒150-0034
   東京都渋谷区代官山20-20
   モンシェリー代官山 地下1F

営業時間:11:00~17:00

定休日:日・祝日。

web:http://taracco.com/

スポンサーリンク

大久保謙作さんのお店のメニュー。

 

 

全部で30種類以上のメニューがあり、トッピングも入れると更に自分好みの「たらこパスタ」に出来てしまうのが嬉しいですよね。

 

またお値段も1000円前後が多くとてもリーズナブルです。

 

いかがだったでしょうか。

 

大ヒットを飛ばしたミュージシャンがまさかの「たらこパスタ」専門店のオーナーに、しかも自ら厨房に入るほどの「大久保謙作」さんの「たらこパスタ」愛は留まることを知りません。

 

ネット通販もされていますので、一度自宅で味わってみるのも良いのではないでしょうか。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

料理
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント