文野直樹といえば大阪王将とマネーの虎。現在の年齢や自宅で再現出来る味とは?

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

関西で餃子といえば「王将」!という声が上がるのはごく自然かと感じますが、北海道出身の私には関西に来るまで「大阪王将」の存在を知らなかったのです・・。

 

値段もリーズナブルでお手軽に食べれる中華料理には、満腹感と満足感に感動した事を覚えております。

 

私自身の中華料理に対するイメージは、廻るテーブルに煌びやかで高級といったものが中華料理でありました。

 

しかし、中華料理のイメージの全ての概念をうち砕き、こんなに庶民に優しい中華料理があって良いのだろうか!と思わせてくれた「大阪王将」。

 

そんな大阪王将の「文野直樹(ふみのなおき)」会長とはどんな方なのでしょうか。

 

むかし大好きだった「マネーの虎」に出演されていた事もあり、更に興味をそそられてしまいました。

 

では大阪王将「文野直樹」会長に迫ります!

スポンサーリンク

 

文野直樹会長の人物像。

文野 直樹さんの投稿 2013年9月20日金曜日

 

1959年11月29日高知県出身。

 

学歴:大阪学院大学経済学部中退。

 

職業:実業家。
   イーアンドホールディングス代表取締役会長CEO。

 

「大阪王将」の創業者が父親であり、小学生の頃からお店の手伝いなどをしていたという「文野直樹」会長。

 

飲食業と共に育ってきた「文野直樹」会長は、16歳の若さで店長を務めるほどの仕事ぶりだったそうです。

 

高校卒業後、大学に進学しますが飲食業界の魅力から離れられずにすぐに中退してしまいます。

 

そして20歳の若さで「東海王将」を設立。凄い勢いで経営手腕を発揮していきます。25歳の時には、父親から事業を引き継ぎ、2代目社長に就任され更に勢いをまして店舗拡大を計っていったのだそうです。

 

根っからの商売人といった感じでしょうか!若いうちから才覚を表せる環境も良かったのではないでしょうか!

 

小さい頃に、家が商売をしている家庭に凄い憧れがあった事を思い出します。

 

しかし「大阪王将」はいついっても混み合っていますよね!さすがは「文野直樹」会長の経営手腕です。

 

大阪王将とは?

 

父親が創設者で、サラリーマンから転身し、1代で「大阪王将」を築いたお店でであります。

 

昭和44年に、大阪京橋が始まりの店舗だそうで、わずか5坪ほどの広さだったそうです。

 

オープン当初は、バラエティーにとんだメニューを揃えていたようですが、父親の不器用さと、40代から始めた料理の腕前から、評判がイマイチだったのだとか・・。

 

しかし、不思議なことに「餃子」だけは人気を博していたのだそうです。

 

そこでメニューを餃子とビールに絞り込み、現在ではよく見かける「餃子専門店」にしてしまったところ、王将といえば!餃子となり人気店へと登り始めました。

 

面白いエピソードがあり、何かしら視点を変えて見るだけで、全く違った世界が広がっていく事が伺えます。

 

今の「大阪王将」からは想像もつきませんよね!

 

マネーの虎に出演!?

 

文野直樹会長は、深夜番組の時代から一般人起業家が事業計画をプレゼンテーションをし、投資家たる審査員が出資するか否かで人気を博した番組に、飲食界なエンターティナーと称して「マネーの虎」に出演されていました。

 

どこかで見た事のあるような・・と考えられていた方には、目から鱗ではないでしょうか!

 

私も若い頃夢中になって見ていた番組でもあり、豚骨ラーメン店「なんでんかんでん」社長の「川原ひろし」さんもインパクトのある方であった事を思い出します。

 

しかし「文野直樹」会長は、1人のプレゼンターには出資はされなかったようです。

 

 

中華食堂として攻め続ける会長の逆転発想!

 

 

文野直樹会長の現在の年齢。

若くして、実業家そして投資家として「マネーの虎」にまで出演されていた「文野直樹」会長ではありますが、現在でも健康で若々しく見えます。スポーツが大好きで、ボクシングやマラソンで体を鍛える事が好きなんだそうです。

 

令和3年4月現在で61歳ではありますが、全くもってその年齢には見えない若さです。

 

普段からの健康管理には徹底していそうですね!

スポンサーリンク

 

文野直樹会長が自宅で再現!?

大阪王将といえば「餃子」!ではありますが、その他にも「チャーハン」や「天津飯」など様々な人気メニューがありますよね!

 

そんな料理を自宅でも味わいたいという事で「文野直樹」会長がお届けする家庭用冷凍食品が多数あります。

 

外食以外にも、家庭にもやさしい会社「イートアンド株式会社」であります。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

今や庶民の味でもある「大阪王将」ではありますが、元気のない現在の飲食業界を「文野直樹」会長の手腕によって盛り上げてくれるのではないでしょうか。

 

食によって日本を含め世界中に元気をもたらして欲しいと願います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

料理
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント