中山弓子(ANA)と大島麻衣の関係?接客のプロとしての技術。

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

時間があれば空の旅でまったりと世界各国を見て回りたい!と夢見る今日この頃。

 

現在では、バーチャルによって様々な国行けてしまいますが、実際に見て触って体感するのとは満足度が違いますよね。

 

さて、そんな空の旅には欠かせない飛行機と飛行場には、たくさんの人達が働かれています。

 

その中でも花形な職業の方といえば、パイロットとCAであるのは誰しもご存知かと思います。

 

しかし、飛行機に乗るまでの「グランドスタッフ」には、搭乗手続きは勿論のこと、飛行機に対しての不安を取り除いてくれる重要な役割があるのではないでしょうか。

 

では、今回その「空港グランドスタッフ」として空の旅をサポートしてくれる「中山弓子」さんの”おもてなし”の気持ちと接客のプロとしての活動が素晴らしいということで調査してみました。

 

笑顔が素敵で、気分を害さない接客のプロとしてコンテストでもグランプリを受賞するほどの「中山弓子」さんを探ってみます。

スポンサーリンク

中山弓子さんについて。

1985年生まれ。 36歳(令和3年現在)。

 

職業:空港グランドスタッフ。

 

2007年から「羽田空港グランドスタッフ」として働かれている「中山弓子」さんは、現在14年目のベテランとして、グループのマネジメントとして務められています。

 

表舞台の華やかなイメージとは違い、身だしなみのチェックから始まり、接客・ロビーサービス・ゲート業務などお客様への最高のサービスを提供するために、空港内で奮闘されているプロフェッショナルであります。

 

飛行機に乗るのが初めての方や飛行機が怖いと思ってしまっていても「グランドスタッフ」さん達の温かな対応を見ると気持ちの上でも安心出来てしまいますよね!

 

元AKB大島麻衣さんとの関係は?

以前に「中山弓子」さんは、ある番組で元AKBの「大島麻衣」さんが空港グランドスタッフとしての職務体験において、トレーナーとして務められています。

 

グランドスタッフとしての忙しい仕事の中での厳しさや喜びなど、本当の社員教育のように接する姿には、「中山弓子」さんの仕事に対する意気込みや本気度を感じました。

 

憧れだけでは、どうしようも出来ない本来の仕事の在り方や見えない部分での努力といったことを改めて感じさせられます。

 

無人島プロジェクトで新たな旅行経験!

接客のプロとしての実績。

2013年に行われた、グランドスタッフの接客技術を評価する「空港カスタマーサービススキルコンテスト」において「中山弓子」さんは、グランプリを受賞されています。

 

コンテストは、国内とロンドンの計52にも及ぶ空港の約3600から予選出場者を選出し、予選参加123人から、国内線・国外線の20名が本線に出場と狭き門であります。

 

そんな中でのグランプリとは、どれだけ「中山弓子」さんのプロとしての接客術が長けているのかおわかりですよね。

スポンサーリンク

中山弓子さんの接客技術。

空港といえば、世界各国の様々な人種の方達、そして国内においても色々な方々が訪れる場所であります。

 

その中でも、何かと対応をしていかなければならない「グランドスタッフ」としての「中山弓子」さんの接客には、即決即断の対応技術や乗客の事情を配慮した対応など、身だしなみ以外の対応技術が求られる世界だそうです。

 

その全てにおいてパーフェクトにこなしていまう「中山弓子」さんは、誰もが認めるプロの接客技術を身につけている方と言えます!

 

いかがだったでしょうか。

 

接客技術というのは、人によって全ての対応が変わることはお分かりかと思いますが、嫌なことも無茶難題なことも、全て笑顔で対応していく「中山弓子」さんのプロとしての姿をみました。

 

100人いたら100通りの“おもてなし”があるとは言いますが、本当に接客って難しいですよね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

ワーク
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント