「ラムネ」が勉強や二日酔いに役立つトレンド商品に!

スポンサーリンク

出典元:photoAC

昔懐かしい「ラムネ」今でもラムネのボトルが変わらず子供が欲しがるお菓子として定着してます。小さい頃は飲み物の方か?食べる方か?悩んだ事を思い出します。

そんなラムネの中で、1973年登場以来「食べるラムネ」として今も愛され続ける「森永のラムネ」はまた再注目を集めているのはご存じでしょうか?

受験生やビジネスパーソンなどの脳に栄養を、そして美肌効果も意識した商品など続々と登場しています。

「森永のラムネ」にスポットが当たっている現状を紹介します。

森永製菓のラムネ人気

森永ラムネの購入層が広がった理由は「SNSを中心とした口コミ」がきっかけとされております。

「二日酔いの時に森永ラムネを食べるとスッキリする」という内容の口コミがネットや噂によって拡散された事が始まりのようです。

森永ラムネはブドウ糖が90%含まれています。メディアを通してブドウ糖によるさまざまな効果に注目が集まった事も、ラムネの人気を後押ししました。

出典元:photoAC

ブドウ糖の効果

・脳のエネルギー

脳の唯一のエネルギー源であり、脳を活性化させ集中力を高める効果があります。寝ている間は身体は休んでいますが、脳は働いています。

・体力回復・疲れた時に!

ブドウ糖は小腸から吸収され、肝臓や血液に入り素早くエネルギーとなるため、疲労の回復効果に役立ちます。たくさん脳をつかったり、運動後に甘い物が欲しくなるのはこのためです。

・冷え性にも効果!

冷えは免疫力や代謝の低下など、身体にデメリットしかありません。体温上昇にはブドウ糖!エネルギーとして消費される時、同時に体内で熱を発生させるため体温の上昇にも繋がります。

頭と体に大変必要な「ブドウ糖」。医療用としても点滴などに使われ、現代社会の受験生やビジネスパーソンに持ってこいの栄養素になります。

「ラムネ」はなぜ二日酔いに効く?

アルコール成分は肝臓で分解、代謝されて体外に汗や尿として排出されています。

この作業を行っている最中の肝臓は、他の成分の分解や代謝にまでは、まかなえない状況になります。そのような状況になると、肝臓での糖新生機能が働きにくくなり「低血糖」をおこすと言われています。

肝臓がアルコールの分解や代謝に掛かり切りになっている間は、体内の「糖」の量が減少してしまう。その分を、食品からの糖質を補う必要があります。

そんな時に「森永ラムネ」を食べることでブドウ糖の働きにより短時間で改善させる事が出来ます。

少し都市伝説的な話と感じなくはないですが、実際にむかつきや頭痛など緩和されます。(あくまでも私個人の意見です)

仕事で飲む機会が多い方は是非お試しを!

出典元:photoAC

「ラムネ」は受験勉強に集中力を高める。

森永製菓が、受験生応援企画を行い、学習塾にて受験生を対象に「ラムネ」を配布するなど勉強に役立てる活動をしています。

「勉強は量と質の掛け算」と言う事をきっかけに、「ラムネ」を勉強中や勉強の合間に摂取するとブドウ糖の効果により、集中力を高め効率が良くなることから実施されています。

最初に脳の働きにブドウ糖が良いとされている事から勉強に対しての効果もかなり得られる事が証明されています。

また脂質も少ないため、空腹時でもお米や麺類などと違い満腹にならず、眠気を抑える事も出来ますので持続して勉強に集中することが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

仕事や勉強に集中したい時や、少し疲れを感じる時など2~3粒口に入れるだけでも効果をもたらす「ラムネ」。

子供が食べるお菓子としてでは無く、ここまでの効果をもたらしてくれるとは思ってもいませんでした。

子供にはおやつに、そして受験生には勉強の効率アップに・大人には仕事や飲み会のお供に色々なシーンで活用してみるのも良いのではないでしょうか。

気になる
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント