ジャスティンビーバーもお気に入りのPPAP「ピコ太郎」が世界の救済に配信。

引用:(ピコ太郎オフィシャルサイト

こんにちは、SMOKERです。

4年以上たった今でも子供達の間で、出てくるフレーズ「アッポ~ぺ~ン・パイナッポペ~ン」で一世風靡した「PPAP」のピコ太郎さん。

一時は世界中に空前のブームを巻き起こした。ピコ太郎こと「古坂大魔王」さんが、今度は世界中に猛威を振るう「新型コロナウィルス」の感染予防に一番効果的な対処法としての「手洗い」バージョンで日本だけではなく、世界中を勇気づけようとしてくれています。

在宅や外出の自粛要請のため、YouTubeの再生需要が急増し画質を下げるほど、アクセスがあつまってしまっていますが、それだけ世間に影響があるはずです。

ましてや、あの人気ジャスティンビーバーさえお気に入りのお墨付きであればなおの事です。

手洗いの手順

新型コロナウィルスは、ステンレス鋼やプラスチックの表面で72時間・銅の表面で最大4時間・ボール紙の表面では最大24時間生存し、「エアロゾル」の状態では、3時間生存するという研究結果が出ています。

普段ありとあらゆるものに触れる事のある「手」は、ウィルスが付着する可能性が高い事もあり、しっかり清潔に保つ事が、感染予防に繋がります。

引用:(厚生省労働省

厚生省が推薦する手洗いの手順としては、指先や手首も丁寧に洗う事を進めています。

ピコ太郎の経歴

ピコ太郎とは、古坂大魔王のプロデュースで2016年にYouTubeで「PPAP」が世界中でヒット!

公式動画は5億回、関連動画を含めると約20億回!

YouTubeの公式再生音楽回数で3週連続世界第1位を獲得するなど、とんでもない記録を残しています。

また、ジャスティンビーバーが動画を拡散した事もあり、世界中から注目を浴びました。

古坂大魔王・・・青森県青森市出身、お笑いコンビ「底抜けAIR-LINE」として活動していたが、2003年に活動を休止、テクノユニットで音楽活動に専念、鈴木亜美などの楽曲リミックスも手掛ける。

今や名司会者のくりぃむしちゅーの「上田晋也」と仲が良く、バナナマンの2人とも親交が深い。

参照:(Wikipedia

スポンサーリンク

手洗いを呼びかける著名人

日本を始め、世界の著名人が「手洗い」の動画を上げています。

・マライアキャリー

・アーノルド・シュワルツェネッガー

・ヒュー・ジャックマン

・嵐を始めジャニーズ

など世間に、そして世界に影響のある人たちが「手洗い」によって感染予防を呼びかけ、憂鬱な気分の解消を呼びかけています。

まとめ

世界中で感染拡大が懸念されている新型コロナウィルスではありますが、一人一人が「感染させない」「感染予防」を意識し、責任をもって行動しなければなりません。

今、人類としての危機といっても過言ではない状況を打破するために、協力していく事を願います。

スポンサーリンク