自転車の事故が増加。自転車保険の義務化が全国に拡大している現状。

出典元:photoAC

こんにちは、SMOKERです。

手軽な移動手段として用いられる自転車。

小さいお子さんを乗せているお母さん方や、子供からお年寄りまで無くてはならない生活アイテムとなっております。

しかし、近年、放置自転車や自転車での事故が、社会問題としても取り上げられるようになりました。

今回東京都でも、2020年4月から自転車保険の加入が義務化とされています

自動車事故は減少の傾向になっておりますが、自転車関連の事故は上昇傾向にあります。

子供だからと言って賠償問題にならない訳ではなく、自転車に乗って事故を起こせば賠償の対象になります。

いつ起こるかわからない、ましてや本人だけではなく、家族または子供達が事故の加害者になるかもしれないと考えると、義務化されている方が良いと私は考えます。

保険に関しては、私も疎い事もあり、少しでも理解して頂けたらと思います。

自転車保険が義務化されている自治体。

現在、自転車保険の加入が義務化されている自治体は?

引用:au損保

仙台市・埼玉県・神奈川県・長野県・静岡県・名古屋市・金沢市・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鹿児島県となっております。

また、今後義務化の予定の地域が、東京都・奈良県・愛媛県という形となっております。

義務化の地域が少ないと思われるかもしれませんが、自転車よりも車を利用する方が多い地域にはまだまだとなっています。

しかし、今後電車や地下鉄などの交通の便が良くになるにつれて、自転車の利用頻度が増加していくはずです。それに伴い全国に義務化が増加していくのではないでしょうか。

なぜ自転車保険の義務化がされるようになったのか?

きっかけは、兵庫県神戸市で発生した事故によって、高額な賠償請求が起きた事から始まります。

2008年に神戸で発生した事故では、当時5年生の小学生が自転車に乗っている時に、女性に衝突し、女性は頭蓋骨骨折・意識不明の重体となってしまい、その後の裁判において、その小学生と保護者に約9500万円ほどの高額な賠償判決を命ぜられました。

一例ではありますが、未成年であってもこれだけの高額な賠償請求を免れる訳ではありません。親にしてみれば大変な責任を負う訳であります。

その事故を踏まえて、兵庫県が自転車の安全委員会を立ち上げ、自転車保険の義務化を2015年に条例として初めて制定させました。

この取り組みよって、その後も自転車事故の増加に伴い全国に広がり始めています。

義務化されても加入してない場合は?

義務化に伴い、自転車保険に加入していなかったらどうなるのでしょうか?

罰金や自転車使用の禁止等になってしまうのか?不安な所があるかと思います。しかし、現状加入していないからと言って、罰則がある訳ではありません

では、入らなくても大丈夫!?とも限らないようです。自転車保険の義務化がされている地域では「条例違反」となり、学校や会社への通勤・通学が認められなくなる場合があります。

私自身も普段、自転車を利用することがありませんが、嫁が子供達を乗せて自転車を乗るようになってから自転車保険に加入しております。

出典元:photoAC

自転車保険の種類

つい最近、スマートフォンの機種変更をしに行くと、携帯会社でも自転車保険の加入が出来る事を知りました。内容としては家族で一人加入していれば、家族全員が保険の対象となる物です。

主に自転車の保険内容としては、自分自身や家族・子供のけがに備える傷害保険と、他人にけがをさせてしまったり、他人の物を壊したり・汚してしまったりしてしまった時の損害賠償に備えるものとなります。

自転車保険単体として加入する事も可能ではありますが、大体の方は何かの保険の付帯されている物に加入することが多いようです。

自動車保険に付帯されているものや、火災保険に付帯されているもの、先ほど言ったように、携帯電話に付帯されているものと言ったように、何かの保険に加入すると共に付帯すれば、低料金で加入することが可能です。

私の場合は、自動車保険に加入する時に付帯する形で加入しました。イメージとしては毎月何千円も掛かるかのように感じますが、実際は何百円となっております(内容によって金額は異なります)

まとめ

普段自分が自転車に乗る事が無いという方でも、家族の誰かが自転車に乗ることがある場合があるはずです。

私の場合は、妻が子供達を自転車に乗せて移動する時から自転車保険に加入しました、加害者側を考えるよりも被害者側の考えで加入した形になります。

今では子供達が自転車に乗るようになり、いつ加害者側になるかもわからないとして、保険のあり方の考えに変わっております。

いつ自分の家族に降りかかるかもしれない「事故」に備えて自転車保険に加入する事をお勧めします。

スポンサーリンク