Fumiyaとフィリピンとの関係が面白い!きっかけや活動が気になる。

スポンサーリンク

 

こんにちはSMOKERです。

 

今の時代、明日から突然有名人になることは珍しくない時代になりました(犯罪を除いて・・)。

 

インターネットを使えば、直ぐにどこかの国の人と繋がることが出来ると考えると、改めて凄い時代になったなぁと感じます。

 

さて、そんな時代背景ではありますが、YouTubeやInstagramなどによって日本人でありながら海外で名前の知れた方々がおられます。

 

しかも、何と国民的タレントと言われるまでのとんでもなく有名な方なんです。

 

フィリピンでは知らない人はいないというほどの日本人「Fumiya」さんであります。

 

日本では知名度があまりなくても、海外では超有名といった不思議な現象ではありますが、「Fumiya」さんがなぜそこまで、フィリピンの地において有名になったか?気になってしまいますよね!

 

では、フィリピンの国民的タレントとして有名な日本人「Fumiya」さんを探ってみます。

スポンサーリンク

Fumiyaさんの人物像。

1995年3月19日静岡県浜松市出身。 26歳(令和3年現在)。

 

本名:三海郁弥(さんかいふみや)。

 

学歴:静岡県浜松商業高校。

 

職業:俳優・歌手・タレント
   ソーシャルメディアクリエイター。

 

実家がスーパーを経営していたことや周りに経営者が多かったこともあり、幼少期から自分も何かしらの経営をしたいと考えていた「Fumiya」さんでありますが、東京で接客業につきたいと考え、高校卒業と共に上京されたようです。

 

ホテル専門学校でホテル経営を学んだ後に「帝国ホテル東京」でベルボーイとして勤めた経歴もお持ちです。

 

ホテル勤務の時に、意味不明な日本語がプリントされた洋服を外国観光客が多数着ていることから、海外でファッションブランドを立ち上げたいと考えるようになったといいます。

 

世界で通用するアパレルブランドを立ち上げるために、英語を習得しなければならないと考えた「Fumiya」さんは、22歳でフィリピンはマニラに留学されたのだそうです。

 

フィリピンはマニラに留学された「Fumiya」は生存報告のために、現地での生活をYouTubeにアップされ、その後、その動画の人気によりフィリピンでの知名度を上げ、あれよあれよと日本人でありながらフィリピンの国民的タレントまでとなってしまいます。

 

当初の目的は「経営者」であったはずが、自分自身が商品になってしまうという「Fumiya」さん。しかし、これだけの知名度を誇ればどんな商売でも成功を収めるのは間違いないのかもしれませんね。

 

ちなみに「Fumiya」の名前は、元チェッカーズの「藤井郁弥(ふじいふみや)」さんからなんだそうです。

 

Fumiyaさんとフィリピンの関係。

語学留学のためにフィリピンを選んだ「Fumiya」さんではありますが、当初はアメリカやカナダに行きたいと考えられていましたが、予算の都合によりフィリピンとなったそうです。

 

しかし、予算の都合以上にこれから発展する国においてビジネスチャスが見つけられるとの考えもあったようです。

 

実際、アメリカやカナダに留学していたら全く異なる状況だったでしょうね。

 

しかも、生存報告のYouTubeチャンネルでここまで知名度を誇るとは思ってもいなかったのではないでしょうか。

 

いつ・とこで・何が!起こるのかわからないそんな経験をされている貴重な方なのかもしれません。

ちょっとしたきっかけからハリウッド俳優へ!

フィリピンで有名になったきっかけ。

YouTubeの動画投稿で有名になったことは間違いないですが、その中でも孵化直前のアヒルのゆで卵「バロット」を食べる動画が、フィリピンの人達に大ヒットしたのだそうです。

 

そこから、日本人向けの動画投稿から、フィリピン人向けの動画にスイッチしたところ、更に話題の人物になっていったのです。

 

2019年には、世界で10万人の参加者がいるオーディションに勝ち残り、フィリピンの人気テレビ番組「ピノイ・ビッグ・ブラザー」に出演を果たし、フィリピンで国民的人気者になったのだそうです。

 

YouTubeチャンネルから、フィリピンの芸能マネジメントに所属された「Fumiya」さんは、タレント・俳優・アーティストとして、テレビのレギュラーを持つ、フィリピンドリームを掴んだ日本人としても有名であります。

スポンサーリンク

Fumiyaさんの活動は?

フィリピンでのタレント活動もさることながら、YouTube・Instagram・Twitter・TikTok・FacebookなどのSNSを戦略的に活用し、総フォロワーは500万人も超えてしまうほどの知名度であります。

 

2020年には、地元静岡県浜松市に自身のミュージアム「ふみしゅんべーす はままつ」をオープンさせたり、浜松市の観光大使を務めるなど地域貢献にも力を入れています。

 

また、留学のきっかけでもあった自身のアパレルブランド「BRIGE」も立ち上げられ、夢を叶えられています。

 

自分自身が出来る全てのことに真っ直ぐに挑戦される「Fumiya」さんの行動には、今の人達の象徴のようなものを感じます。私のような昭和時代の人間には出来なかったしがらみや思考がなく、羨ましくも思えてしまいます。

 

そんなおじさん達にも、力を与えてくれている「F umiya」さんの活動には、今後とも注目であることは間違いありません。

 

いかがだったでしょうか。

 

純粋に夢を叶えたいといった気持ちひとつで、有名になった「Fumiya」さんには、日本の中だけで留まってはいけないと思わせてくれているような気がします。

 

考え方・行動することでの切り開けていく「道」といったものを改めて考えさせられました。

 

年齢や肩書きにとらわれず、行動していく勇気を持っていかなければならないですよね!

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

ワーク
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント