大野颯真(卓球)は最年少で全日本ジュニアに!兄弟や戦績が気になる。

こんにちはSMOKERです。

今年は東京オリンピックイヤーとなっておりますが、今の状況ではどうなるのか?誰もわからないですよね。

各世界の代表選手達も調整が非常に困難な状況かと思います(素人なのに何か申し訳ありません)。

そんな状況下であってもアスリート達の活躍は、心から勇気付けられるのではないでしょうか。

近年、男女共卓球の日本代表の活躍を良く目にする事がありますが、卓球といえば「福原愛」さんを思い浮かべる方も多いと思います。

幼少期から日本の卓球界をリードして来た彼女ではありますが、同じく卓球・日本選手権ジュニア男子にまだ小学3年生にして出場を果たした「大野颯真(おおのそうま)」君がおられます。

では、将来世界の注目を集めるであろう「大野颯真」君に迫ってみます。

スポンサーリンク

大野颯真君のプロフィール。

令和3年1月現在、まだ小学校3年生の「大野颯真」君は、鹿児島県出身。

卓球競技経験のある両親や姉の影響から、2歳11カ月で卓球を始めました。

まだ2歳なら喋る事もままらない年齢でもあります、そんな小さな時からの英才教育とは、子供に対しての意気込みを感じます。

2019年の全日本選手権・男子バンビの部(小学2年生以下)で優勝し、憧れの「張本智和」選手と同じ小学3年で全日本男子ジュニアの舞台にたったそうです。

ただ努力しただけでは、全日本の舞台などいけるはずもありません「大野颯真」君の生まれ持ったセンスがあるからこそではないでしょうか。

しかし、一旦卓球を離れてしまうと、興行収入1位となった「鬼滅の刃」にどっぷりハマる普通の男の子になるようです。

大野颯真君の兄弟。

大野颯真君は実は双子の兄弟がおられます、兄は大野斗真(とうま)君で、同じく卓球をされています。

兄の斗真君も全日本選手権・男子バンビの部に出場され、ベスト8に入る実力の持ち主。

兄弟ともに平日は4時間、休日は7時間ほど練習するそうです。大人顔負けの練習量ですよね!身体だけは壊さないように願います。

兄の斗真君は、山なりに回転が掛かる「ループドライブ」が得意で、颯真君は「バックバンド」が得意なのだそうです。

兄弟で常に勝負が出来る環境だからこそ、向上心が芽生えるでしょうし、負けたくないという強い気持ちが生まれるのでしょうね。

ちなみに、お2人には更に3歳上のお姉さんもおられ、3人兄妹のようです。3人とも卓球漬けの毎日を送り、家族総出で卓球に情熱を燃やしています。

BMX世界ジュニア王者!13歳の実力!

大野颯真君の戦績。

2019年7月 全農杯全日本選手権男子バンビの部 優勝。

2021年 卓球全日本選手権 1回戦敗退。

卓球全日本選手権では、相手が中学3年生に対して1ゲーム奪取するなど、小学生らしからぬ動きに更に注目を浴びるようになりました。

私の娘も歳が変わりませんが、全日本の舞台で堂々とした立ち振る舞いに、将来有望間違いなしと思わされました。

まだまだ、これからの選手である事は間違いないですし、途中で辞める事なく日本の卓球界を引っ張っていって欲しいものですね。

いかがだったでしょうか。

幼少期から厳しい練習の中、メキメキと実力を付けていく姿に、ご両親も心を鬼にして接しているのではないでしょうか。

私の子供達に置き換えると全くの次元の違さを痛感させられますが、それぞれの家庭の在り方がありますもんね。

それはさておき、今後の「大野颯真」君・「斗真」君の活躍に期待して行きたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク