満田春穂の「自在置物作家」とは?作品の価格や個展はどうなのか?

スポンサーリンク

引用:JIZAI 満田晴穂展

 

こんにちはSMOKERです。

 

夏といえば、何を想像されますでしょうか?

 

暑い!・海!・キャンプにバーベキュー・そして『昆虫』ではないですか?

 

カブトムシ・セミ・とんぼと!小学生時代、なんと格好の良い生き物なんだろうと、夢中になって野山に採りにいったものです。(田舎育ちがバレてしまいます)

 

そんな、『昆虫』や甲殻類や龍などの実在しない幻獣まで、まるで生きているかのように、「自在に」各パーツを動かす事が出来る金属工芸品をご存じでしょうか?

 

プラモデルとは違い、男の子にはとても興味深い金属のメカメカしさと重厚感!

 

そして、リアルな可動と外見、そんな作品を生み出す「満田晴穂」(みつだはるお)氏。

 

では、「自在置物作家」といわれる自在置物と満田晴穂氏とはどんな人物なのでしょうか?

 

自在置物作家

冒頭でも触れましたが、昆虫や蛇、甲殻類・龍などの様々な生き物を金属でリアルに再現する作家です。

 

各パーツが『自在』に動かせ、本当に生きているかのように、動かす事の出来る置物を作る芸術家。

 

女性には、少しわかりずらい感覚かもしれませんが、男性にとっては、まさに「お宝」にしても良いほどの逸品になる事は、間違いありません!

 

実在する生き物や幻獣たちが、昔流行った「超合金」の玩具より、細かな部分まで自在に動かせるとあっては、男心をくすがれない人はいないと言っても、過言ではないのではないでしょうか?

 

また、現代に始まった技巧や技術では無く、古くは江戸時代中期から、この技巧・技術が伝わったとされています。

 

戦国時代の乱世の世の中から、徳川家によって平定した太平の世の中で、職を失った「甲冑師」によって、生み出された技術と言われています。

 

それ以降、伝統工芸として色々な技術の継承を繰り返し、現在のような伝統工芸品として現在に伝わります。

 

明治時代以降、作品が海外に渡る事が多く、中々日本国内では、日の目を浴びる事がなかった『自在置物』今後注目の工芸品です!

 

スポンサーリンク

 

作家の満田晴穂さんの素性は?

1980年、鳥取県生まれの千葉育ち。

 

小さな頃から野山が遊び場の大の昆虫好き。

 

4回の浪人生活を経て「東京藝術大学」に入学、在学中に、自在置物氏・冨木宗行氏に出会い、自在置物が現代まで継承されている事に感銘を受けて、弟子入り。

 

在学中より制作していた自在置物が、平成21年の本格デビュー展より注目を集める。

 

個展を開催すると、販売の抽選に100人の行列が出来るほどの人気。海外でも個展を開催している。

 

プラモデルとゲームをこよなく愛する40代。

 

趣味がそのまま、仕事に通じている事がとても素晴らしいですね!

 

同年代には何かと共感が持てる所があり、自在置物作家でなければ、普通のおっさん的な所が更に興味を惹かれます。

 

また、作品の中には、本物でさえそこまで見るか!?というほどの再現がなされ、オニヤンマ(とんぼ)の口の中まで金属で精密に作られています。

 

満田晴穂氏の作品は、「たまたま金属で生まれてきた命」と例えられるほど、細部まで忠実に再現されています。

 

 

作品の価格は?

魅力的な作品ばかりですが、やはり値段は・・・・・

 

引用:JIZAI 満田晴穂展

 

ネット販売や店頭販売はされていないようです。

販売は個展に足を運び購入可能です。会場内での抽選販売が基本となっているようです。

 

個展はいつ?どこで?

近々の個展は、JIZAI 満田晴穂展

 

期間:2020年7月22日(水)から2020年7月28日(火)

 

会場:日本橋三越 本店6階 美術工芸サロン

 

住所:東京都中央区日本橋室町1‐4‐1

 

最近2年間で制作された、25点の作品が展示される。

蝶やクワガタの人気昆虫や、アブやゲジゲジのような複雑な造形技術を要する作品まで出展!

 

まとめ

日本の伝統工芸には、まだ知らないものが沢山あるのだと感じます。

 

中々後継者に恵まれず、衰退している伝統工芸が目立つ現代に、新たな技術や技巧を取り入れ、後世に残そうとする「満田晴穂」氏を応援していきたい。

 

そして、細部にわたり、生きているかのような「自在置物」という伝統を残して行って欲しい。

 

値段は、手の届かないほど高価ではなく、思わず欲しい!と思ってしまうほどの魅力があります。

 

今後もこの「自在置物」を、皆さんも注目して頂きたい!

 

気になる
シェアする
smokerをフォローする



SMOKER.Lookupトレンド

コメント